矯正治療

駅三軒茶屋駅から徒歩2分

  • 土日も診療
  • 夜間診療有り(平日20:30まで)

03-6805-5765

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝
  • web予約
  • メール相談
キービジュアル

アクチバトールってなんだろう

2021年05月7日

こんにちは

矯正歯科治療というと、歯の表面にブラケットという金具をつけてワイヤーの働きで歯を動かすマルチブラケット法や、最近ではマウスピースで歯並びをきれいにするマウスピース法がよく知られています。

実は、矯正歯科治療の方法は、これだけではありません。

そのほかにもいろいろな治療法がありますが、そのひとつにアクチバトールという治療法があります。

今回は、アクチバトールについてご紹介します。

 

~アクチバトールとは~

アクチバトールとは、F.K.O(エフ・カ・オーとよみます)ともよばれる取り外し式の矯正装置です。

通常の矯正歯科治療と異なり、口腔周囲筋というお口の周りのいろいろな筋肉の働きを利用するため、機能的矯正装置に分類されます。

アクチバトールは口腔周囲筋の働きで顎骨に適度な成長発育を促すことで、噛み合わせをきれいに整えるように作られています。

具体的には、アクチバトールを使えば、上顎の前歯を後ろへ傾ける・下顎の前歯を前に傾ける・下顎骨を適度に成長させる・噛み合わせを適度な深さにするなどの効果があります。

 

~アクチバトールで治る不正咬合~

アクチバトールは上記の効果を利用して、下顎骨の成長が弱いことによる上顎前突(出っ歯)や骨格に原因のない下顎前突(受け口)の治療に効果があります。

口腔周囲筋の働きを利用して治すため、永久歯と乳歯が混在している混合歯列期から、永久歯だけの状態に生え変わって間もない時期までの、成長発育時期の矯正歯科治療に使われます。

 

~アクチバトールの使い方~

アクチバトールは、24時間常に使い続けるわけではありません。

基本的には夜間を中心として、1日10時間程度を目安に使用します。

きちんと歯に装着しないと効果が出ませんので、しっかりと歯にはめる必要があります。

 

~まとめ~

今回は、アクチバトールという歯科矯正治療の方法についてご紹介しました。

アクチバトールは、お口の周囲のいろいろな筋肉の働きを利用して、顎の骨を適切な状態に成長させるように作られています。

この効果により、成長発育期の上顎前突や下顎前突の治療に使われます。

ページを見る

顎変形症ってご存知ですか?

2021年05月4日

矯正歯科治療は保険診療の対象外ですが、例外的に保険診療の対象となる矯正歯科治療があります。

それは、顎変形症に伴う不正咬合の矯正歯科治療です。

顎変形症とはどのような病気なのでしょうか。

 

~顎変形症とは~

顎変形症とは、上顎と下顎の形や大きさの異常により、歯並びの異常や顔の変形を起こす病気です。

上下顎の骨格に異常があるため、通常の矯正歯科治療で歯並びを整えただけでは、バランスの良い歯並びや顔つきにはなりません。

顎変形症の原因はよくわかっていませんが、遺伝や舌を必要以上に前に出す癖などの悪習癖などの関与が指摘されています。

 

~顎変形症の症状~

顎変形症の症状は、上下顎の顎の変形です。

上顎だけ、下顎だけが異常をきたすこともあれば、両方とも異常をきたすこともあります。

顎骨に異常があっても、噛み合わせに関しては、一見すると正常に見えるような歯並びの場合もあります。

顎骨の変形の程度によっては、唇を閉じることが難しくなることもあります。

 

~顎矯正手術~

顎変形症では、歯並びを整えただけでは矯正歯科治療は完了しません。

顎変形症の場合、歯並びを整え終わった時点では、上下の顎は反対咬合(受け口)のままだったりします。

この後、顎矯正手術という外科手術を行うことで、理想的な噛み合わせにします。

顎矯正手術とは、顎の骨切り手術です。

大きくバランスの崩れた顎の骨を骨切り手術で理想的な位置と形にすることで、顎の形と大きさ、そして機能のバランスを獲得します。

この顎矯正手術は、どこでも受けられるわけではなく、病院の口腔外科で行います。

顎変形症の治療は、歯科クリニックと病院歯科との共同によって達成される治療と言えます。

 

~まとめ~

今回は、顎変形症についてご紹介しました。

顎変形症は、保険診療の対象となる矯正歯科治療です。

ただし、矯正歯科治療だけではなく、矯正歯科治療で歯並びを整えた後に顎矯正手術という骨切り手術が欠かせません。

歯科クリニックと病院歯科の二人三脚で、上下の顎の大きさと形、歯並びのバランスを獲得する治療が、顎変形症の治療と言えます。

ページを見る

IPR(スライシング・ディスキング)とは

2020年09月8日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 院長の内澤です。

 

まとめ

1、矯正治療での歯が並ぶためのスペースの確保として、拡大、IPR、抜歯が選択肢となる

2、拡大、IPR、抜歯は必要なスペース量や咬合状況によって選択する

 

 

でこぼこの歯並び、でこぼこの理由


歯は歯槽骨という骨の上を土台にして並んでいます。

そのため歯並びは、歯と骨の大きさのバランスによって、でこぼこや、スキッ歯となります。

つまり、骨よりも歯が大きくなると歯の並ぶ場所がなくなるため歯並びはでこぼこになり、骨よりも歯が小さくなると歯の並ぶ場所が余るため歯並びはスキッ歯となります。

でこぼこの歯並びの改善方法として矯正治療では、基本的に成人では土台となる骨を大きくすることは難しいため、歯を調整しスペースの確保を行います。

 

スペースの確保の方法


スペースの確保の方法として、矯正治療では一般的に、拡大(側方拡大、歯の全体的な遠心移動)、IPR(スライシング・ディスキング)、抜歯があり、必要なスペースの量や咬合の状況によって。拡大、IPR(スライシング・ディスキング)、抜歯を選択します。つまり個々で、歯並び、かみ合わせ、必要なスペースの量が異なるため、個々の歯並びにあった治療計画を立案する必要があるため、一度ご相談いただければと思います。

 

 

IPR(スライシング・ディスキング)とは

IPRとは「Inter Proximal Reduction」の略で歯の表層(隣接部のエナメル質)を研磨して歯と歯の間にすき間をつくる処置です。

矯正治療において昔から一般的に行われる歯の横幅を小さく削り小さくする処置ですが、IPR(スライシング・ディスキング)では処置時に麻酔することはありません。

その理由として、歯の表層のエナメル質の厚さは約1~2mmあり、IPRで削るのは1本の歯で最大約0.25mm程度で歯と歯の間で最大0.5mm程度なので、エナメル質の厚みの3分の1以下となります。また過去の研究結果および臨床結果よりIPRが原因で歯が悪くなった、虫歯になるという報告はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページを見る

八重歯と矯正

2018年10月7日

本文のまとめ


・八重歯は、大人の歯の生え変わりの順番と、萌出スペース不足が原因となる

・八重歯は矯正治療にて改善することができる。

・抜歯が必要かは、八重歯の程度によって判断をします。

 

 

こんにちは、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯歯科 院長の内澤です。

歯並び、かみ合わせの分類をすると色んな種類に分類することができ、その中に八重歯、すきっぱ、出っ歯などがあります。

このような歯並び、かみ合わせは、歯が生え変わるためのスペースの不足や、歯の前後的位置が原因となります。

八重歯は歯が生え変わるためのスペース不足が原因となりますし、出っ歯は歯の前後的位置が原因になります。

 

 

八重歯とは


一時期、付け八重歯というのも流行りましたが…はたして、八重歯とはなんでしょうか。

八重歯をWikipediaにて検索すると

『八重歯(やえば)とは、歯牙が叢生(そうせい)した状態、乱杭歯(らんくいば)のこと。特に上顎犬歯の低位唇側転位を指す通俗的表現。「押歯」「添歯」「鬼歯」ともいう。』とのこと。

つまり、八重歯とは歯並びのでこぼこの一つで、犬歯といわれる前から数えて三番目に生えている歯が、歯茎の上のほうに生えていると、八重歯といわれます。

 

そもそも、なぜ八重歯が生じるかというと、

大人の歯(永久歯)の歯の生え変わりの順番と、子供の歯(乳歯)と永久歯の歯の大きさの差、つまり歯が生え変わるためのスペース不足が八重歯と大きくかかわります。

 

 

基本的に永久歯への歯の生え変わりは、前歯から奥歯と順番に永久歯へと萌え変わるのではなく、最初に前歯と一番奥から1つ手前の奥歯が生え変わり、そのあとに犬歯のひとつ後ろの歯(第一小臼歯)が生えてきて、そのあとに犬歯が萌え変わります。

つまり、第一小臼歯が、犬歯より先に萌え変わるときに、犬歯の萌え変わるスペースを使用しながら歯が生えていると、犬歯は萌えるときに萌えるスペースが減少するために、アーチから逸脱して並び、八重歯となります。

 

 

 

西洋では、ドラキュラを連想させるとのことで、改善を行います。

つまり、矯正治療によって八重歯は改善します。

八重歯の程度によっては抜歯が必要になることもありますが、

最終的にはどのような歯並びになりたいかで、治療方法が異なります。

 

 

まとめ


八重歯は歯が生えるためのスペース不足や、歯の生えた前後的位置が原因となる

八重歯は矯正治療にて改善することができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページを見る

小児矯正の治療開始時期

2018年06月13日

三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷)院長の内澤です。

 

「矯正相談にて、いつ頃矯正治療を行えばいいですか?」と聞かれたりします。

矯正治療は、基本的には、適切な時期に適切な治療を行うと、矯正治療の効果が効率よく発揮されるため、適切な時期に矯正治療を行うことを勧めます。

 

矯正治療開始の適切な時期は?

(さらに…)

ページを見る

反対咬合、受け口、治療方法と原因

2018年03月23日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区)院長の内澤朋哉です。

 

受け口やしゃくれといわれる症状は、矯正学的には下顎前突や反対咬合と表現されます。

 

反対咬合と下顎前突は違います。


反対咬合と下顎前突は違います。

反対咬合とは、前歯のかみ合わせが上顎よりも下顎の前歯の方が前方に位置している状態を言います。一般的にうけ口と表現されています。

下顎前突とは、歯を支えている骨に対しての表現方法で、相対的に下顎の骨が上顎の骨より前方に出ている状態、一般的にしゃくれと表現されています。骨の位置が前方に位置すると、前歯の位置も相対的に前方に位置するため、下顎前突の場合では反対咬合となることが多いです。

 

受け口やしゃくれといわれる下顎前突症

下顎前突は原因によって分類すると、骨が原因である場合と、骨が原因である場合とで、大きく2種類に分類することが出来ます。

①歯が原因である下顎前突

下顎の歯が上顎よりも前にある状態、たとえば上顎の前歯に凸凹が多く上顎前歯が後退し、前歯が反対になることがあります。

 

②骨が原因である下顎前突

歯は骨を土台として並んでいます。そのため下顎の骨が相対的に前方に出ると歯も前方に位置するため、反対咬合になります。

骨が原因の下顎前突の場合は、身長の伸び(成長)と大きく関わることがあります。

 

一般的に、下顎の大きさは、身長の伸びと同時期に大きく成長します。そのため、下顎前突傾向の場合、成長と共に下あごが著しく前方に成長する可能性があります。

そのため、男子だと18歳、女子だと16歳程度まで成長するため、下顎前突で反対咬合の患者様は、状況によっては積極的に矯正装置にて歯を動かすということはせずに、定期検診で顎の成長がおさまるまで治療を待つという場合もあります。

 

 

治療方法


下顎前突の治療方法は、骨が原因で反対咬合になっている場合には

①手術を併用した矯正治療と、②矯正のみで行う治療があります。

上顎に対して下顎の突出が大きすぎると、矯正のみで治療を行うことが難しくなるため、手術を併用した治療を優先されます。

手術を併用した矯正治療の場合だと、手術によって骨の位置を後退させるため、下顎の突出感の改善が期待できます。

一般的にかみ合わせや、手術を併用するか、歯を抜歯するのかで治療期間は大きく変化します。

一般的なオペを併用した矯正治療の流れでは、

①最初にマルチブラケット装置を装着し、歯のでこぼこの解消

②抜歯スペースの閉鎖、および歯列の幅の調整

③手術にて、下顎骨の位置を改善

④矯正治療にて治療後の手術後のかみ合わせの最終調整

となります。

 

 

まとめ


下顎前突(受け口、反対咬合)の治療にはいろんな方法があります。

また、一人一人で、顎の位置関係や、歯の噛み合わせが違うため、治療開始時期やアプローチの仕方も大きく変化します。

そのため、受け口とうでお悩みのかたは、一度ご相談いただけると幸いです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページを見る

出っ歯の矯正治療

2018年02月20日

こんにちは三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区)院長の内澤です。

 

矯正治療中の歯の動きを

本日は動画でのせたので見ていただければと思います。

 

 

 

大まかな矯正治療のながれ


基本的には、矯正治療の流れは、

①歯のでこぼこをとって

②歯を抜いたスペースを閉じる

③かみ合わせの調整、最終調整

④患者様にかみ合わせ、歯並びを確認してもらい

⑤問題なければ、また患者様に同意していただければ矯正装置を外して、綺麗な歯並びを維持するための装置へ変更します。

 

今回は、上記の流れを動画で表現しています。

 

ちなみに、動画の患者様は、出っ歯を改善したいということで来院いただきました。

 

治療開始前に


矯正治療にて、歯を動かす治療を行う前には

①相談

②精密検査

③診断

その後にやっと歯を動かす治療が始まります。

 

相談では…

ちなみに、相談では、今の歯並びでどこが気になっているのか、またどのようなことを重視して治療を考えていきたいか等を聞かせていただき。

また、一般的な矯正治療の流れや、現状の歯並びの状態をお伝えいたします。

 

精密検査では…

精密検査では、かみ合わせの状態、親知らずの有無、歯の根っこの状況、前歯の傾斜の程度、また歯の土台となっている骨の前後関係の位置関係の確認等を行ないます。

精密検査の結果から、どのように治療を行うのか、抜歯を行うのか、またどんなメカニクスでどの順番で歯を動かすかの検討をします。

今回は、骨格的にも、歯も両方ともに出っ歯の結果が出てきました

 

 

精密検査後に、精密検査の結果を含め、どの装置を使用するのか(裏側矯正、表側矯正、マウスピース型矯正装置等)、抜歯をするかどうか、治療開始のタイミングをいつにするかを患者様と相談しながら、理想的な治療方法をご提案し、最終的な治療方法を患者様と検討しました。

その結果、表向きの矯正装置にて上顎の歯を2本抜歯して治療を行う事となりました。治療期間はちょうど2年でした。

 

まとめ


矯正治療の方法は、患者様それぞれで違います。それは、患者様のお口の状況、また治療に対して優先することが患者様ごとそれぞれで違うために生じます。このため、矯正治療を行う上で、相談、検査、診断は重要となってきます。

ちなみに、当院では、相談、検査、診断が無料となっておりますので、一度ご相談いただければと思います。

https://www.sangenjaya-ortho.com

 

 

 

 

 

 

ページを見る

顎関節症と矯正治療

2018年02月8日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区)院長の内澤です。

 

お口を大きく開けれますか?

お口を大きく開けた時に、「パキッパキ」音がなりませんか?

あごはいたくないですか?

 

お口が大きく開かなかったり、顎が痛かったり、またはお口を開けた時に音がなる場合は、顎関節症の可能性があります。

 

 

顎関節症とは


顎関節症とは、「お口をあけた時に音がなる」、「顎が痛い」、「口が開かない」、という症状のうち、上記の症状のうち一つ以上が当てはまる状態を言います。

 

顎関節の構造

顎の構造は、頭の骨のくぼみ(下顎窩)に、下顎の先端(下顎頭)が入り込みます。そしてそれぞれの骨の間に関節円板というクッション材が介在しています。

顎の関節、顎関節は複雑な動きをします

顎の関節はお口を開けると、下顎頭は関節円板とともに下顎窩を超えて前方に動きます。一般的に、関節円板は下顎頭に付着しています。

しかし、前方移動時に、顎頭が下顎円板からずれてしまうと「パキッ」と音がなります。また、関節円板が前方にずれてしまうと、お口があきづらくなります。

矯正相談にて…


矯正相談にて、矯正治療によって顎関節症は改善しますか?と聞かれることがあります。

私は、回答として、改善することはありますが必ず改善する保証はありませんとお答えしております。

その理由は、顎関節症が生じる原因に由来します

 

顎関節症の理由

顎関節症の理由には、

頬杖、うつぶせ寝

事故などにより、強い外力が顎に加わった

精神的ストレス

くいしばり

かみ合わせ

等があります

 

つまり、顎関節症が生じるには上記のような、たくさんの原因が考えられます。

そのため、例えば、顎関節症の原因がかみ合わせによって生じていた場合には、顎関節症は軽減するでしょう。しかし顎関節症の原因がかみ合わせ以外であれば。矯正治療によってかみ合わせを改善しても、顎関節症は改善しないかもしれません。

 

 

 

まとめ


顎関節症は、多因子が原因で生じます。

矯正治療によってかみ合わせが改善することで、顎関節症が改善する可能性はあります。

ページを見る

矯正相談(無料)

2017年12月22日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区) 院長の内澤です。

 

いきなりですが

  • 矯正治療開始のタイミングはいつなのか?
  • 歯科検診で矯正治療が必要だと言われたが、本当に矯正治療が必要か知りたい。
  • 治療期間はどれくらいかかるのか?
  • 治療費はいくらなの?
  • 目立たない矯正治療をしたい
  • 矯正治療は痛いの?
  • 治療後はこんな歯並びにしたい

などの疑問や不安、希望をお持ちのままで、解決できていない方は、一度当院の無料相談を受診しませんか?

 

当院での相談では、患者様の疑問や不安、希望にたいして、何度でも患者様が納得するまでお答えすることを心かけております。さらに初診相談、診断は無料で行っています。

矯正治療が初めての人でも分かりやすく、丁寧にご説明いたします。

 

 

他の医院のカウンセリングとの違い


(さらに…)

ページを見る

矯正治療の一連の流れ。

2017年12月11日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区)院長内澤です。

 

矯正治療は、体への負担を最小限にしながら歯を動かすので、治療期間はどうしても長くなってしまいます。

しかし当院では、お忙しい時間そして労力を使い、来院していただいている患者様のために、

一回一回の診療に情熱をかけ、最大限やれることを行い、

最後には、矯正治療をうけて良かったと思っていただけるような診療に心がけて、日々の治療を行っています。

 

そこで、本日は矯正治療の一連の流れを紹介します。

 

Step1 初診相談

(さらに…)

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

03-6805-5765

医院の住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

診療時間
11:00 ~ 15:00--
16:00 ~ 20:30--
10:00 ~ 13:00----
14:30 ~ 18:30----
  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝

このページの先頭に戻る