矯正治療

駅三軒茶屋駅から徒歩2分

  • 土日も診療
  • 夜間診療有り(平日20:30まで)

03-6805-5765

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝
  • web予約
  • メール相談
キービジュアル

IPR(スライシング・ディスキング)とは

2020年09月8日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 院長の内澤です。

 

まとめ

1、矯正治療での歯が並ぶためのスペースの確保として、拡大、IPR、抜歯が選択肢となる

2、拡大、IPR、抜歯は必要なスペース量や咬合状況によって選択する

 

 

でこぼこの歯並び、でこぼこの理由


歯は歯槽骨という骨の上を土台にして並んでいます。

そのため歯並びは、歯と骨の大きさのバランスによって、でこぼこや、スキッ歯となります。

つまり、骨よりも歯が大きくなると歯の並ぶ場所がなくなるため歯並びはでこぼこになり、骨よりも歯が小さくなると歯の並ぶ場所が余るため歯並びはスキッ歯となります。

でこぼこの歯並びの改善方法として矯正治療では、基本的に成人では土台となる骨を大きくすることは難しいため、歯を調整しスペースの確保を行います。

 

スペースの確保の方法


スペースの確保の方法として、矯正治療では一般的に、拡大(側方拡大、歯の全体的な遠心移動)、IPR(スライシング・ディスキング)、抜歯があり、必要なスペースの量や咬合の状況によって。拡大、IPR(スライシング・ディスキング)、抜歯を選択します。つまり個々で、歯並び、かみ合わせ、必要なスペースの量が異なるため、個々の歯並びにあった治療計画を立案する必要があるため、一度ご相談いただければと思います。

 

 

IPR(スライシング・ディスキング)とは

IPRとは「Inter Proximal Reduction」の略で歯の表層(隣接部のエナメル質)を研磨して歯と歯の間にすき間をつくる処置です。

矯正治療において昔から一般的に行われる歯の横幅を小さく削り小さくする処置ですが、IPR(スライシング・ディスキング)では処置時に麻酔することはありません。

その理由として、歯の表層のエナメル質の厚さは約1~2mmあり、IPRで削るのは1本の歯で最大約0.25mm程度で歯と歯の間で最大0.5mm程度なので、エナメル質の厚みの3分の1以下となります。また過去の研究結果および臨床結果よりIPRが原因で歯が悪くなった、虫歯になるという報告はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページを見る

矯正治療の期間 裏側矯正

2020年08月6日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 院長の内澤です。

 

矯正治療を開始するにあたり、

患者様から矯正相談にて聞かれる項目として

矯正治療費がいくらかかるのか、矯正治療の期間がどの程度なのか、

抜歯をするとしたらどのタイミングなのか、

抜歯は矯正装置装着前か装着後なのか

矯正治療後のアフターケアは必要か、

矯正治療費はいくらかかるのか、など多岐にわたります。

 

そのなかで、

矯正治療の期間に関して、矯正装置の種類、選択によって治療期間の短縮、または延期するのかと聞かれます。

ネット上で裏側矯正治療の治療期間は長くなると書かれていたり、まわりで聞いたが本当か、などがあります。

 

ここで、判断しなくてはならないこととして2点あり、

ネットなどの情報がいつの話なのか、またどのような方法で行うのかが重要となります

 

成人の矯正治療で使用する装置は


成人の矯正治療で使用する装置は

裏側矯正、表側矯正、マウスピース型矯正装置などがあり

基本的に適切な矯正装置の使用を行うと適切な治療期間となります。

つまり、治療方法、治療手段、治療前の咬合状態によって適切な矯正装置があります。

そのため、表側の矯正装置が完璧な装置というわけではなく、表側の矯正装置でも適応しづらい歯並びもあります。

そのため、適応しづらい矯正装置だとしても、矯正装置をくみ合わせたり、また不十分であれば補助的な矯正装置を追加し、メインで使用する矯正装置の補助をすることで、装置選択による遅延の改善ができるようになっております。

 

1970年代に裏側専門の矯正が開発され、そこから発達し、今でも、治療方法は年々変化しており、以前はダイレクトにブラケットを歯に装着していた裏側矯正も、いまではセットアップを作成し、間接的に装置の装着を行ったり、デジタル化が進んでいたりします。

つまり、開発当初であれば、いろいろな困難があったのですが、現在では他の矯正装置の変わらない効果、結果をだす治療方法となっております。

ページを見る

加速矯正(スピード矯正)

2019年01月20日

こんにちは、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 院長の内澤です。

 

矯正治療を検討した場合、また始めようと考えた場合に、最初に行うことに矯正相談があります。

矯正相談では、相談内容として歯を抜く必要があるかどうか、また治療期間がどれくらいかを聞かれることも多くあります。

一般的に歯を抜く必要があるかどうかの判断基準として、八重歯などのでこぼこ量が多い場合や、上下顎前歯の前後的なバランスが大きくずれている場合などでは歯を抜いた治療方法が選択肢の一つになる場合もあります。矯正治療ではどのような歯並びになりたいかという希望を含め、治療前の歯並び、かみ合わせに合わせた一人一人に合った治療方法を立案し治療を行います。

 

 

矯正治療での歯の動き、治療期間

一般的に歯を抜いたワイヤー矯正治療だと、月に一回の来院で約2年から2年半程度の治療期間がかかります。

また、この約2年から2年半程度の治療期間での歯の動きとしては

  • でこぼこの改善
  • 歯を抜いたことでできたスペースの閉鎖
  • かみ合わせの最終調整

の流れとなります。

治療期間はそれぞれ、でこぼこの改善に6か月から1年程度 歯を抜いたことでできたスペースの閉鎖に約1年 かみ合わせの最終調整に数か月となります。

一般的な通院間隔は、1か月に1度の来院ですが、当院では治療に使用する材料にこだわったことで1から2か月に1度の通院となります(月一回の一般的な方法だと年12回の来院、1から2か月に1回の来院だと年に8回から9回の来院になります。)

つまり全体の治療期間は一緒でも来院間隔を延長することが可能となります。

 

加速矯正(スピード矯正)

では次に、この治療期間を短縮できないかと考えます。

治療期間=お口の中に矯正装置が入っている期間となります。

つまり、装置自体の違和感や装置が入っていることにより歯磨きの難易度が上がりることで、虫歯や歯槽膿漏のリスクも上がります。そのため矯正装置はなるべく早く外せるように努力が必要となります。

そこで近年では加速矯正(スピード矯正)として、治療期間を短縮するために

コルチコトミー、オーソパルス(Orthopulse)、アクセルデント(AcceleDent)

などを使用しているクリニックも増加してきております。

 

それぞれの特徴として

コルチコトミーとは

コルチコトミーは歯を支えている骨(歯槽骨)の表層(皮質骨)に刻みを入れ(外科的侵襲)歯が動きやすい環境を人工的につくりあげ歯の動きを速めます。

 

アクセルデント(AcceleDent)とは

一日20分の歯に微細振動を加えることで歯の動きが速まることを期待します。

インビザライン(マウスピース型矯正)の場合5日交換での治療が可能になることがあります。

 

 

オーソパルス(Orthopulse)とは

歯周組織に近赤外線1日10分を照射することで光バイオモジュレーション作用が生じさせます。光バイオモジュレーション作用によって口腔内の新陳代謝が促進され、歯の移動が加速させ、治療期間を従来の治療方法と比較して30%から50%程短縮されるとさています。

インビザライン(マウスピース型矯正)ではスピード矯正としてオーソパルスを使用することで歯の動きを活性化され、通常1から2週間で交換するマウスピースを3日から5日で交換することが可能となり治療期間の短縮を図ることも可能となるとされる。

このオーソパルス(Orthopulse)に関しては、インビザライン(マウスピース型矯正)のみではなくワイヤー矯正(裏側矯正。表側矯正)でも使用することができ、治療期間の短縮を図ることができます。

まとめ

治療期間の短縮方法として、当院ではオーソパルスを使用し、治療期間の短縮を目指しております。

 

ページを見る

目立たない部分矯正

2018年10月30日

まとめ

*部分矯正はすべての方が適応になるわけではありませんが、金額が抑えられ、かつ治療期間も短縮されるメリットの多い治療方法となります。

*目立たない方法(裏側矯正、マウスピース型矯正装置(インビザライン))での部分矯正治療も可能です。

*かみ合わせの状況で使用する矯正装置の選択が必要となります。


 

こんにちは東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 院長の内澤です。

でこぼこやスペース(すきっ歯)の歯並びを改善するためには、矯正装置の装着が必要となります。矯正治療と考えると、治療期間が短く、かつ目立たない治療は魅力的ではないでしょうか。

目立たない矯正治療としては、裏側矯正やマウスピース型矯正装置(インビザライン)があります。また治療期間を短縮するためには、加速矯正としてのオーソパルス(OrthoPulse)などの使用により歯の動きを加速(近赤外線を歯周組織にあてることで新陳代謝を促進させ歯の動きを加速する)する方法、または治療の範囲を制限する方法もあります。

つまり、部分矯正によって治療する方法もあります。

部分矯正とは


部分矯正とは治療の範囲を限定した(動かす歯を数本に限局した)治療となります。

例えば、前歯のみに矯正装置を装着して、前歯のスペース(すきっ歯)やでこぼこの改善を行います。そのため部分矯正は金額も抑えられ、かつ治療期間も短縮されるため、メリットの多い治療方法となります。

しかし、部分矯正はすべての方が適応になるわけではありません。

部分矯正では、かみ合わせよりは、前歯の歯並びをメインとした見た目を重視した矯正治療となります。つまり、前歯のでこぼこやスペース(すきっ歯)の改善などの歯並びの改善がメインとなります。

目立たない部分矯正


今回は、部分矯正でかつ目立たない方法を紹介します。

部分矯正でかつ目立たない方法として裏側矯正治療やマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した矯正治療があります。この2つの治療方法の違いは、患者様自身で装置の取り外しが可能かどうかなどがあります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は食事中や歯磨き時に装置を外すことができるため、食事制限もなく通常通りに食事を摂ることができます。

またそれぞれの装置で特徴、メリット、デメリットがあるため歯並びの状況によって装置の使い分けが必要となります。

 

 

矯正装置の使い分け基準として


部分矯正の場合、矯正装置の使い分けの判断は矯正装置が装着できるかできないかが重要になります。

つまり前間のかみ合わせが深いかどうかによって判断します。

基本的に前歯は上あごの歯が下あごの歯に覆いかぶさるのですが、覆いかぶさる量が多くなると裏側矯正の場合、装置を装着する場所(面積)がなくなるために、裏側矯正の装置が装着できなくなります

この場合、裏側矯正治療やマウスピース型矯正装置(インビザライン)を使用した部分矯正を検討します。

 

ページを見る

八重歯と矯正

2018年10月7日

本文のまとめ


・八重歯は、大人の歯の生え変わりの順番と、萌出スペース不足が原因となる

・八重歯は矯正治療にて改善することができる。

・抜歯が必要かは、八重歯の程度によって判断をします。

 

 

こんにちは、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯歯科 院長の内澤です。

歯並び、かみ合わせの分類をすると色んな種類に分類することができ、その中に八重歯、すきっぱ、出っ歯などがあります。

このような歯並び、かみ合わせは、歯が生え変わるためのスペースの不足や、歯の前後的位置が原因となります。

八重歯は歯が生え変わるためのスペース不足が原因となりますし、出っ歯は歯の前後的位置が原因になります。

 

 

八重歯とは


一時期、付け八重歯というのも流行りましたが…はたして、八重歯とはなんでしょうか。

八重歯をWikipediaにて検索すると

『八重歯(やえば)とは、歯牙が叢生(そうせい)した状態、乱杭歯(らんくいば)のこと。特に上顎犬歯の低位唇側転位を指す通俗的表現。「押歯」「添歯」「鬼歯」ともいう。』とのこと。

つまり、八重歯とは歯並びのでこぼこの一つで、犬歯といわれる前から数えて三番目に生えている歯が、歯茎の上のほうに生えていると、八重歯といわれます。

 

そもそも、なぜ八重歯が生じるかというと、

大人の歯(永久歯)の歯の生え変わりの順番と、子供の歯(乳歯)と永久歯の歯の大きさの差、つまり歯が生え変わるためのスペース不足が八重歯と大きくかかわります。

 

 

基本的に永久歯への歯の生え変わりは、前歯から奥歯と順番に永久歯へと萌え変わるのではなく、最初に前歯と一番奥から1つ手前の奥歯が生え変わり、そのあとに犬歯のひとつ後ろの歯(第一小臼歯)が生えてきて、そのあとに犬歯が萌え変わります。

つまり、第一小臼歯が、犬歯より先に萌え変わるときに、犬歯の萌え変わるスペースを使用しながら歯が生えていると、犬歯は萌えるときに萌えるスペースが減少するために、アーチから逸脱して並び、八重歯となります。

 

 

 

西洋では、ドラキュラを連想させるとのことで、改善を行います。

つまり、矯正治療によって八重歯は改善します。

八重歯の程度によっては抜歯が必要になることもありますが、

最終的にはどのような歯並びになりたいかで、治療方法が異なります。

 

 

まとめ


八重歯は歯が生えるためのスペース不足や、歯の生えた前後的位置が原因となる

八重歯は矯正治療にて改善することができる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページを見る

成人矯正の治療開始時期

2018年06月22日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 院長の内澤です。

前歯のでこぼこを改善したい

出っ歯の改善がしたい

横顔の口元が出た感じを改善をしたい

すきっぱの改善がしたい

笑った時の歯茎の見え方を改善したい

受け口の改善をしたい などと

矯正相談にご来院いただく患者様には色んな悩みを抱えた方がいらっしゃいます。

 

中には、矯正治療をいつ開始すればいいのか知りたいという方もいらっしゃいます。

矯正治療の開始時期は基本的に人それぞれで違います。

そのため、治療開始時期に関してはご相談ください。

 

矯正治療の開始時期


矯正治療の開始時期の一つの目安として、すべての歯が大人の歯に生え変わっている(永久歯列期)のか、又は子供の歯と大人の歯が混在している(混合歯列期)のかで開始のタイミングに考え方が異なります。

基本的に、永久歯列期の場合は、歯並びを改善したいと思った時に治療を開始します。

使用する装置としては、一般的な表向きの矯正装置(マルチ   ブラケット装置)や目立たない裏側の矯正装置やマウスピース型矯正装置(インビザライン)などを使用します。

矯正装置の選択基準の一つとして、取り外しのできない装置を使用するか取り外しのできる装置を使用するかがあります。取り外しのできる装置にはマウスピース型矯正装置(インビザライン)があります。取り外しのできる装置として、歯磨きがしやすかったり、食事しやすかったりします。

一般的に目立たない矯正装置はお値段が割高になりますが、矯正治療は治療期間が年単位でかかるため何を重視するかで使用する装置が異なります。

 

 

 

 

 

混合歯列期には乳歯から永久歯への歯の生え変わりが生じるため、歯の数やかみ合わせなど大きくお口の中の環境が変化します。

このため生え変わりの状況を把握し、治療のタイミングや使用する装置の選択をする必要があります。

つまり混合歯列期には現状の把握をするための検査(レントゲン写真等)を行い治療が必要かどうか、また治療開始のタイミングを計る必要があります。

 

まとめ


永久歯列期か混合歯列期で治療開始のタイミングに考え方が異なります。

そのため、治療開始時期に関してはご相談ください。

 

 

ページを見る

小児矯正の治療開始時期

2018年06月13日

三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷)院長の内澤です。

 

「矯正相談にて、いつ頃矯正治療を行えばいいですか?」と聞かれたりします。

矯正治療は、基本的には、適切な時期に適切な治療を行うと、矯正治療の効果が効率よく発揮されるため、適切な時期に矯正治療を行うことを勧めます。

 

矯正治療開始の適切な時期は?

(さらに…)

ページを見る

インビザライン(Invisalign System)とは

2018年05月16日

こんにちは、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科、院長の内澤です。

 

インビザライン とは


東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科ではマウスピース型矯正装置としてインビザライン(Invisalign System)を使用しています。

インビザライン(Invisalign System)は米国のアライン・テクノロジー社によって研究、開発そして供給しているマウスピース型矯正装置の一つです。このインビザラインは全世界100か国で提供されており、520万人を超える患者様の治療に使用されています。

 

マウスピース型矯正装置の種類


マウスピース型矯正装置の種類としては、アライン・テクノロジー社のインビザライン以外には、日本のアソインターナショナルによって提供されているAsoAligner®(アソアライナー)、韓国のイークリアー・インターナショナルによって提供されているeCligner®(イークライナー)、スイスのストローマン(straumann)によって提供されるClear Correct ™(クリアコレクト)などがあります。

各社それぞれで研究開発しているため、それぞれのマウスピース型矯正装置には特徴があります。

特徴に関しては以前ブログで書きましたので見ていただければと思います。

https://www.sangenjaya-ortho.com/blogs/archives/587

 

clearcorrect(クリアコレクト)

 

インビザライン と薬事法


日本の法律上インビザラインを含む国内外のすべてのカスタムメイドの矯正装置は、それぞれの患者様ごとに作成されている装置なため薬事法の医療機器として認められません。たとえ医療機器として認められなくとも、もし該当の装置が日本国内で作成されていれば歯科技工法上の矯正装置に該当するのですが、インビザライン(Invisalign System)に関してはアメリカで作成されているため、今の現状では薬事承認を得ていません。しかし、インビザライン(Invisalign System)に関しては、現在使用している材料に関しては薬事承認を得ています。

 

 

 

 

なんで歯が動くか?


インビザライン(Invisalign System)は治療前の歯並びから理想とする歯並びまでのステップをパソコン上でシミュレーションを行います。シミュレーションによってできたステップそれぞれの歯の動きのマウスピースをすべて作成します。 出来上がったマウスピースを適切な日数で交換することで歯は動きます。

https://youtu.be/l3STPU6Cj4I

 

 

ページを見る

矯正装置の種類(裏側矯正、インビザ ライン他)

2018年05月13日

こんにちは東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 院長の内澤です。

 

八重歯が気になったり、すきっ歯や出っ歯、受け口を改善したいと思いませんか

矯正治療のメリットとして上記の歯並びやコンプレックスの改善ができます。

また矯正治療にて歯並びの改善を行うことより歯が磨きやすくなり、お口の中のメンテナンスがしやすくなります。またかみ合わせの改善により、ものをかんだ時に歯に加わる力がかみ合っているすべての歯で適切に分散されるため、歯ももちやすい環境になります。

歯が残ることは将来、高齢者になった時の食生活で大きな差が出てきます。

また、きれいな歯並びは笑顔の魅力をさらに高めます。

 

矯正装置の種類とメリット、デメリット


矯正治療にて歯を動かすためには矯正装置の使用が必要となります。

矯正装置の種類としてブラケット矯正(表側、裏側)、マウスピース型矯正、セラミック矯正、部分矯正がありそれぞれのメリット、デメリットとして以下となります。

 

ブラケット矯正


表側矯正

メリット:一般的な治療方法で、治療の適応範囲が広い

デメリット:装置が目立つ

食物が装置に詰まることがあります

裏側矯正

メリット:治療の適応範囲が広い

ほとんど人に気が付かれることなく矯正ライフを過ごすことができる。

デメリット:他の矯正装置に比べ矯正治療費が割高になる。

マウスピース型矯正

メリット:取り外しができるため、いつも通りに食事や歯磨きができる。

透明な装マウスピースを使用するため目立たないで矯正治療ができる

デメリット:食事、歯磨きの時に装置の取り外しをしなければいけない

セラミック矯正歯科

メリット:治療期間が短い

デメリット:歯を大きく削る必要があること

人工物を歯に接着するため、経年劣化により作り直しが後々必要になる。

 

部分矯正

メリット:治療期間が短いこと、また治療費も抑えることができる

デメリット:治療できる範囲が全体矯正に比べ小さい

まとめ


矯正装置には色々な種類があります。

メリット、デメリットを考慮して使用する装置の選択が必要となります。

また、歯並びによっては使用できない装置御有りますので、お気軽にご相談ください。

 

ページを見る

裏側矯正と、マウスピース型矯正装置(インビザライン)|三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科

2018年05月12日

こんにちは、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 院長の内澤です。

 

 

矯正治療は、治療方法や治療方針によって大幅に変わりますが、基本的に年単位で治療期間がかかります。

快適な矯正治療を考えた場合、何の優先順位を高くするかを考える必要があります。

いろんな方と治療方針や方法を御相談をしていると、治療方法で優先順位が高いこととして目立たない矯正装置を使用したいという希望を多く聞かれます。

 

目立たない矯正治療


そこで、目立たない矯正装置としては裏側矯正と、マウスピース型矯正装置(インビザライン)があります。

基本的に、裏側矯正は目立たない舌側に装置が装着されること、またマウスピース型矯正装置(インビザライン)は透明なマウスピースを使用するため、目立たない状況で矯正ライフを送ることができます。

 

 

取り外しを患者様自身でできるインビザライン

またこの2つの治療装置の大きな違いは、装置の取り外しを患者様自身でできるかまたはできないかになります。

マウスピース型矯正装置(インビザライン)は装置の取り外しを患者様自身で行うことができます。そのため歯磨きやしやすかったり、食事中に装置に食べ物が詰まったるする心配はありません。

 

治療費の比較

治療費で言えば、一般的に裏側矯正と、マウスピース型矯正装置(インビザライン)を比較すると、マウスピース型矯正装置(インビザライン)のほうが割安になります。

裏側矯正が割高な理由もあります。以前ブログ(https://www.sangenjaya-ortho.com/blogs/archives/617)で紹介いたしましたが、裏側矯正は装置を作成するだけでも細かいステップが必要になるデリケートな治療方法なためです。

金属アレルギー

目立たない矯正治療で使用する材料は、裏側矯正だと金属を使用し、マウスピース型矯正装置(インビザライン)ではポリエチレンと金属を使用していません。

そのため、金属アレルギーの方にはマウスピース型矯正装置(インビザライン)をおすすめしております。

 

 

 

まとめ


目立たない矯正装置としては裏側矯正と、マウスピース型矯正装置(インビザライン)があります。両方の装置はメリットやデメリットがあるため、歯並びの状況を含めどっちの装置を使用するのかを検討する必要があります。

当院では、目立たない矯正治療に力を注いでおりますので、目立たない矯正治療を検討されている方は一度ご相談いただければと思います。

 

 

 

 

 

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

03-6805-5765

医院の住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

診療時間
11:00 ~ 15:00--
16:00 ~ 20:30--
10:00 ~ 13:00----
14:30 ~ 18:30----
  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝

このページの先頭に戻る