医院ブログ

駅三軒茶屋駅から徒歩2分

  • 土日も診療
  • 夜間診療有り(平日20:30まで)

03-6805-5765

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝
  • web予約
  • メール相談
キービジュアル

アクチバトールってなんだろう

2021年05月7日

こんにちは

矯正歯科治療というと、歯の表面にブラケットという金具をつけてワイヤーの働きで歯を動かすマルチブラケット法や、最近ではマウスピースで歯並びをきれいにするマウスピース法がよく知られています。

実は、矯正歯科治療の方法は、これだけではありません。

そのほかにもいろいろな治療法がありますが、そのひとつにアクチバトールという治療法があります。

今回は、アクチバトールについてご紹介します。

 

~アクチバトールとは~

アクチバトールとは、F.K.O(エフ・カ・オーとよみます)ともよばれる取り外し式の矯正装置です。

通常の矯正歯科治療と異なり、口腔周囲筋というお口の周りのいろいろな筋肉の働きを利用するため、機能的矯正装置に分類されます。

アクチバトールは口腔周囲筋の働きで顎骨に適度な成長発育を促すことで、噛み合わせをきれいに整えるように作られています。

具体的には、アクチバトールを使えば、上顎の前歯を後ろへ傾ける・下顎の前歯を前に傾ける・下顎骨を適度に成長させる・噛み合わせを適度な深さにするなどの効果があります。

 

~アクチバトールで治る不正咬合~

アクチバトールは上記の効果を利用して、下顎骨の成長が弱いことによる上顎前突(出っ歯)や骨格に原因のない下顎前突(受け口)の治療に効果があります。

口腔周囲筋の働きを利用して治すため、永久歯と乳歯が混在している混合歯列期から、永久歯だけの状態に生え変わって間もない時期までの、成長発育時期の矯正歯科治療に使われます。

 

~アクチバトールの使い方~

アクチバトールは、24時間常に使い続けるわけではありません。

基本的には夜間を中心として、1日10時間程度を目安に使用します。

きちんと歯に装着しないと効果が出ませんので、しっかりと歯にはめる必要があります。

 

~まとめ~

今回は、アクチバトールという歯科矯正治療の方法についてご紹介しました。

アクチバトールは、お口の周囲のいろいろな筋肉の働きを利用して、顎の骨を適切な状態に成長させるように作られています。

この効果により、成長発育期の上顎前突や下顎前突の治療に使われます。

ページを見る

正常な歯並びとは

2021年05月7日

こんにちは

矯正歯科治療では、ワイヤーやマウスピースなどを使って歯を移動させることで、歯並びをきれいな状態に整えていきます。
どうして、歯を移動させることができるのでしょうか。
今回は、歯の移動の仕組みについてお話しします。

2000年前から知られていた歯の移動の仕組み
驚かれるかもしれませんが、歯を押すと、歯が移動することは、なんと2000年以上前から知られていました。
紀元前後の古代ローマの医学者アウルス・コーネリウス・ケルススが、医学論という著書の中に記しています。
矯正歯科治療で、歯を移動させる仕組みは、ケルススによって発見された物理的な力を歯に加えて移動させる方法に基づいて行われています。
2000年も経っているというのに、他の歯を移動させる方法が見つかっていないんですね。

歯の移動の仕方
歯の移動の仕方は、いろいろあります。
①歯体(したい)移動
歯を傾けることなく、平行に動かす移動法です。
②傾斜移動
傾斜移動は、歯根の根の先から1/3付近を中心にして、歯を傾斜させながら歯冠を動かす移動法です。
③回転
歯を長軸を中心にして回転させる移動法です。
④圧下(あっか)
歯全体を根の方向に向かって沈めるように動かす移動法です。
⑤挺出(ていしゅつ)
歯全体を歯冠の向きに引っ張り出すように動かす移動法です。
⑥根尖(こんせん)移動
歯冠を中心として、歯の根の先の向きを動かす移動法です。
⑦整直(せいちょく)
傾いた歯根の向きを正しい向きに合わせることです。

歯の移動と動揺の違い
歯の動きに関する言葉に、移動のほか、動揺という言葉もあります。
どちらも歯が動くという点では違いはありませんが、全く異なる概念です。
歯は、どんな歯でも、どんな人でも、強く指で押すと動くものです。
動き幅には、歯の周囲の骨の状態などによって違いがありますが、歯に加わる力を短時間のうちに解除すれば、元の位置に戻ります。
これが、歯の動揺とよばれる状態です。
一方、歯の移動とは、歯に中長期にわたって力を加え続け、動かした歯が元の位置に戻らなくなった状態を指します。
同じように歯が動くわけですが、力のかけ方、かけ終わった後の歯の位置の違いが、動揺と移動の違いと言えます。

ページを見る

歯の移動の仕組み

2021年05月7日

こんにちは

矯正歯科治療では、ワイヤーやマウスピースなどを使って歯を移動させることで、歯並びをきれいな状態に整えていきます。
どうして、歯を移動させることができるのでしょうか。
今回は、歯の移動の仕組みについてお話しします。

2000年前から知られていた歯の移動の仕組み
驚かれるかもしれませんが、歯を押すと、歯が移動することは、なんと2000年以上前から知られていました。
紀元前後の古代ローマの医学者アウルス・コーネリウス・ケルススが、医学論という著書の中に記しています。
矯正歯科治療で、歯を移動させる仕組みは、ケルススによって発見された物理的な力を歯に加えて移動させる方法に基づいて行われています。
2000年も経っているというのに、他の歯を移動させる方法が見つかっていないんですね。

歯の移動の仕方
歯の移動の仕方は、いろいろあります。
①歯体(したい)移動
歯を傾けることなく、平行に動かす移動法です。
②傾斜移動
傾斜移動は、歯根の根の先から1/3付近を中心にして、歯を傾斜させながら歯冠を動かす移動法です。
③回転
歯を長軸を中心にして回転させる移動法です。
④圧下(あっか)
歯全体を根の方向に向かって沈めるように動かす移動法です。
⑤挺出(ていしゅつ)
歯全体を歯冠の向きに引っ張り出すように動かす移動法です。
⑥根尖(こんせん)移動
歯冠を中心として、歯の根の先の向きを動かす移動法です。
⑦整直(せいちょく)
傾いた歯根の向きを正しい向きに合わせることです。

歯の移動と動揺の違い
歯の動きに関する言葉に、移動のほか、動揺という言葉もあります。
どちらも歯が動くという点では違いはありませんが、全く異なる概念です。
歯は、どんな歯でも、どんな人でも、強く指で押すと動くものです。
動き幅には、歯の周囲の骨の状態などによって違いがありますが、歯に加わる力を短時間のうちに解除すれば、元の位置に戻ります。
これが、歯の動揺とよばれる状態です。
一方、歯の移動とは、歯に中長期にわたって力を加え続け、動かした歯が元の位置に戻らなくなった状態を指します。
同じように歯が動くわけですが、力のかけ方、かけ終わった後の歯の位置の違いが、動揺と移動の違いと言えます。

ページを見る

顎変形症ってご存知ですか?

2021年05月4日

矯正歯科治療は保険診療の対象外ですが、例外的に保険診療の対象となる矯正歯科治療があります。

それは、顎変形症に伴う不正咬合の矯正歯科治療です。

顎変形症とはどのような病気なのでしょうか。

 

~顎変形症とは~

顎変形症とは、上顎と下顎の形や大きさの異常により、歯並びの異常や顔の変形を起こす病気です。

上下顎の骨格に異常があるため、通常の矯正歯科治療で歯並びを整えただけでは、バランスの良い歯並びや顔つきにはなりません。

顎変形症の原因はよくわかっていませんが、遺伝や舌を必要以上に前に出す癖などの悪習癖などの関与が指摘されています。

 

~顎変形症の症状~

顎変形症の症状は、上下顎の顎の変形です。

上顎だけ、下顎だけが異常をきたすこともあれば、両方とも異常をきたすこともあります。

顎骨に異常があっても、噛み合わせに関しては、一見すると正常に見えるような歯並びの場合もあります。

顎骨の変形の程度によっては、唇を閉じることが難しくなることもあります。

 

~顎矯正手術~

顎変形症では、歯並びを整えただけでは矯正歯科治療は完了しません。

顎変形症の場合、歯並びを整え終わった時点では、上下の顎は反対咬合(受け口)のままだったりします。

この後、顎矯正手術という外科手術を行うことで、理想的な噛み合わせにします。

顎矯正手術とは、顎の骨切り手術です。

大きくバランスの崩れた顎の骨を骨切り手術で理想的な位置と形にすることで、顎の形と大きさ、そして機能のバランスを獲得します。

この顎矯正手術は、どこでも受けられるわけではなく、病院の口腔外科で行います。

顎変形症の治療は、歯科クリニックと病院歯科との共同によって達成される治療と言えます。

 

~まとめ~

今回は、顎変形症についてご紹介しました。

顎変形症は、保険診療の対象となる矯正歯科治療です。

ただし、矯正歯科治療だけではなく、矯正歯科治療で歯並びを整えた後に顎矯正手術という骨切り手術が欠かせません。

歯科クリニックと病院歯科の二人三脚で、上下の顎の大きさと形、歯並びのバランスを獲得する治療が、顎変形症の治療と言えます。

ページを見る

矯正用アンカースクリュー(インプラント)、効果、メリット、痛い?

2020年11月19日

まとめ

*矯正用アンカースクリューは、薬事承認された矯正装置

*矯正用アンカースクリューを使用するメリットは、歯を三次元的、効果的に動かすことができる。

 

 

 

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区)院長 内澤です。

矯正用アンカースクリューとは


矯正用アンカースクリューは、矯正治療において歯を動かす際の補助装置として2012年に厚生労働省にて薬事承認された矯正装置です。

形としては、いろいろなバリエーションがあるのですが、大体、直径1から2ミリ、長さが6から10ミリ程度の小さなネジになります。

この矯正用アンカースクリューを使用することで、従来の矯正治療では難しかった歯の動きが簡易になり、治療期間の短縮や、使用する装置が簡略されることで装置の違和感も軽減されました。

また、矯正用アンカースクリューは、直接骨に固定して使用する装置のため、患者様自身では取り外しができない装置です。また、直接骨に固定するため、問題なく植立している状態だと、触っても、引っ張っても動いたりしません。 もちろん、矯正治療が終了すると取り外します。

 

 

違和感や痛みは?


矯正用アンカースクリューの植立後は痛みや違和感は生じます(痛みに関しては個人差があるため、違和感程度の方もいます)。約1週間程度で装置に慣れてきます。また痛みに関しても1週間もあれば改善します。

さらには、痛みに関しては個人差があるため、必要に応じて、矯正用アンカースクリューの植立後に、抗生物質や鎮痛剤をお渡しすることもあります。

 

 

メリットとして?


基本的に、歯は作用と反作用で動きます。例えば、スペースの閉鎖を行うと、前歯と奥歯が引っ張りあい、前歯と奥歯の両方が動きます。ここで矯正用アンカースクリューを植立して、矯正用アンカースクリューと奥歯を接続すると、前歯だけを引っ張ることができます。

このため、使用するメリットとしては、矯正治療にて前歯を大きく下げることができるようになりました。

また、従来使用していた装置に比べ、装置を小さくすることができ、装着した違和感が軽減されます。

 

 

デメリットとして?


直接骨に固定して使用する装置のため、骨の暑さや、密度によっては、装置をセット後にアンカースクリューが脱落する可能性があります。

脱落した場合には、再度植立する場合もありますし、他の方法で治療を行う場合もあります。これに関しては、担当歯科医師と患者様とで、どうするかを改めて一緒に検討することが必要となってきます。

 

 

以上アンカースクリューでした。

 

 

ページを見る

IPR(スライシング・ディスキング)とは

2020年09月8日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 院長の内澤です。

 

まとめ

1、矯正治療での歯が並ぶためのスペースの確保として、拡大、IPR、抜歯が選択肢となる

2、拡大、IPR、抜歯は必要なスペース量や咬合状況によって選択する

 

 

でこぼこの歯並び、でこぼこの理由


歯は歯槽骨という骨の上を土台にして並んでいます。

そのため歯並びは、歯と骨の大きさのバランスによって、でこぼこや、スキッ歯となります。

つまり、骨よりも歯が大きくなると歯の並ぶ場所がなくなるため歯並びはでこぼこになり、骨よりも歯が小さくなると歯の並ぶ場所が余るため歯並びはスキッ歯となります。

でこぼこの歯並びの改善方法として矯正治療では、基本的に成人では土台となる骨を大きくすることは難しいため、歯を調整しスペースの確保を行います。

 

スペースの確保の方法


スペースの確保の方法として、矯正治療では一般的に、拡大(側方拡大、歯の全体的な遠心移動)、IPR(スライシング・ディスキング)、抜歯があり、必要なスペースの量や咬合の状況によって。拡大、IPR(スライシング・ディスキング)、抜歯を選択します。つまり個々で、歯並び、かみ合わせ、必要なスペースの量が異なるため、個々の歯並びにあった治療計画を立案する必要があるため、一度ご相談いただければと思います。

 

 

IPR(スライシング・ディスキング)とは

IPRとは「Inter Proximal Reduction」の略で歯の表層(隣接部のエナメル質)を研磨して歯と歯の間にすき間をつくる処置です。

矯正治療において昔から一般的に行われる歯の横幅を小さく削り小さくする処置ですが、IPR(スライシング・ディスキング)では処置時に麻酔することはありません。

その理由として、歯の表層のエナメル質の厚さは約1~2mmあり、IPRで削るのは1本の歯で最大約0.25mm程度で歯と歯の間で最大0.5mm程度なので、エナメル質の厚みの3分の1以下となります。また過去の研究結果および臨床結果よりIPRが原因で歯が悪くなった、虫歯になるという報告はありません。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページを見る

新型コロナウイルス院内感染予防について

2020年03月18日

 

現在テレビなどのメディアを通じてご存知の通り新型コロナウイルスが日本、また世界で流行しております。

院内での感染を防ぐため、次の症状がある方は「帰国者・接触者相談センター」にご相談後に、当院のご予約の変更の有無を検討頂きますと幸いです。

 

○風邪の症状や 37.5℃以上の発熱が 4 日以上続いている (解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

○強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある

 

「帰国者・接触者相談センター」

(https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19-kikokusyasessyokusya.html

 

 

当院では新型コロナウイルスのみならずその他の感染症からの感染予防として、

器具、機材や診療台の消毒、滅菌を行っており、ハンドピースなども患者様ごとに滅菌を行っておりますので安心して治療を受けて頂くことが可能です。

 

グローブや紙コップにつきましてもディスポーザブルとなっており、患者様ごとに交換をし、使用済みについては廃棄しております。

また歯科医師・スタッフからの飛沫防止、歯科医師・スタッフへの感染予防のため、現在はカウンセリング時・治療の説明時もマスクを外さずお話をさせていただいております。

ご理解いただけますようお願いいたします。

当院では、利用される皆様の健康を守り安心して当院をご利用頂きたく今後も最善の対応を心掛けて行きます。

どうぞ宜しくお願いします。

 

 

 

当院での歯科器材滅菌については下記のURL(2017/12/1のブログ)にてご覧いただくことができます。

https://www.sangenjaya-ortho.com/blogs/archives/157

 

ページを見る

保定装置(リテーナー)

2019年03月27日

まとめ

*矯正治療後に保定装置(リテーナー)を使用します。

*保定装置(リテーナー)の使用時間は徐々に減少しますが使用期間は長期となります。

*保定装置(リテーナー)の種類には、取り外しのできる装置と、取り外しのできない装置があります。

 


こんにちは、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 院長の内澤です。

矯正治療によって歯並び、かみ合わせを改善することが可能ですが、矯正治療後には矯正治療によってきれいになった歯並びを維持することを目的として保定装置(リテーナー)を使用します。つまり、保定装置(リテーナー)を使用することで矯正治療によって得られたきれいな歯並びや、かみ合わせを維持しやすい環境を整えますが使用時間が短いと、後戻りといってでこぼこが出てくるリスクが高くなります。

 

保定装置(リテーナー)を使用しないで、でこぼこが出た場合(後戻り)、基本的に歯並びの改善のためには再度矯正装置を使用すると必要があります。再度矯正装置を使用するために、時間、労力、お金がかかります。

この時間、労力、お金を回避する(後戻りを経験しないためには)ためには、保定装置(リテーナー)を使用する必要があります。

 

 

保定装置(リテーナー)の種類


保定装置(リテーナー)の種類には、取り外しのできる装置と、取り外しのできない装置があります。取り外しのできる装置として、透明な材料でできたマウスピース型の保定装置と、ワイヤーとレジンで作成された保定装置などがあります。

取り外しのできない装置としては、一本のワイヤーを歯の裏側に接着剤で張り付けることで保定する装置などがあります。

  

保定装置の使用方法(使用期間、使用時間)


保定装置(リテーナー)の使用方法としては基本的に、矯正治療終了後半年から1年間に関しては、歯磨きと食事以外の保定装置の使用をお勧めしております。

また、約1年6か月程度までは在宅使用、1年6か月以降は就寝時使用をお勧めしております。このように、保定装置の使用時間は、歯の動きとともに、使用時間は軽減しますが、

体で変化しない場所はないため使用する期間に関しては理想的にはずっと、しいて言うといつまできれいな歯並びを維持したいかによって使用期間が変わります。

 

 

 

ページを見る

口唇の突出と横顔、出っ歯の改善

2018年10月16日

まとめ

*出っ歯になると、前歯が突出または傾斜するため、横顔の口元が突出する

*出っ歯(前歯の出っ張り)を改善すると横顔の口元が後退する。

*出っ歯の改善は抜歯、上顎の歯の全体的な後退、歯の大きさの縮小などで行います。

 


こんにちは、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 院長の内澤です。

 

出っ歯というと3種類に分類されます。

 

一つ目として

前歯の前後的な位置に差がある状態

2つ目として

前歯の傾斜が強い場合

のふたつがあります。

3つめとして

前歯の前後的な位置に差があり、前歯の傾斜が強い場合

 

 

 

このような出っ歯の場合、程度には差がありますが横顔の口元が前方に飛び出た状態となります。

 

基本的に、唇は歯の上にのっているため、歯が前突すると、横顔の口元も突出しますし、歯が後退すると、横顔の口元も後退します

 

では、横顔の口元が前方に飛び出た状態をどのように改善するでしょうか

単純に前歯を後退させてあげればいいのですが

前歯を後退させるためには。歯を後退させるためのスペースが必要になります。

スペース確保のために矯正治療では、歯を抜歯したり、上顎の歯を全体的に後退させたり、歯の大きさを小さくしたりします。

 

 

歯を小さくするといっても、治療後に歯が小さくなった量が一見わからない範囲で行います。

そのため、スペース確保のために標準的な範囲で歯を小さくする治療をおこなったことで、虫歯のリスクが高くなったとか、歯がしみやすくなったというような臨床報告は今までにほとんど上がっておりません。

 

 

実際の治療結果


ここで、前歯を後退させ横顔の口元が後退した治療をご紹介いたします。

ページのトップに載っている写真は、

出っ歯を改善したく矯正治療を開始しました。

治療期間や約2年間、上顎の歯を2本抜いた治療を行いました。

矯正装置としては、一般的な表向きの(唇側)マルチブラケット装置を装着して治療を行いました。

治療前後で、歯の傾斜、そして前後的な差、いわゆる出っ歯が改善しました。

また、前歯が後退したことで、横顔の口元の突出間の改善いたしました。

 

まとめ

*出っ歯になると、前歯が突出または傾斜するため、横顔の口元が突出する

*出っ歯(前歯の出っ張り)を改善すると横顔の口元が後退する。

*出っ歯の改善は抜歯、上顎の歯の全体的な後退、歯の大きさの縮小などで行います

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページを見る

歯科矯正の際の食事について

2018年10月13日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 衛生士の乙訓です。

 

歯科矯正をしたい!という希望はあっても、不安なことがあって治療への一歩を踏み出せない方は多いと思います。

特に、初めて矯正治療を始めるにあたり、わからないことや心配なことがたくさんでてくるのではないでしょうか。

今回は、そのなかのひとつであろう<矯正治療と食べ物>についてお話させていただきます。

 

まず、当院では食事制限などは設けておりません。

みなさまの普段通りの食生活を楽しんでいただきたいと考えております。

しかし、食べ物の硬さや形状によって装置が外れてしまうこともあります。

そういった場合は、ご連絡をいただければ着け直しをさせていただきますので、ご安心ください。

矯正治療を始めると、装置によって違和感や痛みが生じてきます。

もちろん個人差はありますが、お口の中は髪の毛が一本入っただけでも気になってしまうほど繊細です。

そのため装置が入ったことにより、喋りにくさや食べにくさを感じる方が大半です。

そうしますと、お口も開けにくい状態になっておりますので、比較的柔らかいものや舌でつぶせる硬さのもの、噛まずに召し上がれるものがおすすめです。

火傷には十分ご注意くださいね。

以下に例を挙げてみます。

 

・リゾットやおかゆ

・肉料理はひき肉を使ったもの(ハンバーグやつみれなど)

・太めのうどん

・ポタージュ                 

・ゼリーやヨーグルト

痛いからと言って飲み物だけでお食事を済ませてしまうと、栄養が偏り体調を崩してしまいます。

どうしても痛みが強いときなどは、栄養ドリンクゼリーを摂取してみてください。

 

逆に、注意したほうが良い食べ物には以下のようなものが挙げられます。

 

・繊維質の野菜                     

・細い麺類

・ステーキなどの肉料理            

・ナッツ類

・ガムやキャラメルなどの粘着性のあるもの

 

繊維質のものや細い麺類はどうしてもワイヤーに絡まってきてしまいます。

また、ステーキなどは噛み千切る必要があるので慣れないうちは召し上がりにくいです。

そんな時には、一口大にカットするなど少しの工夫でグッと召し上がりやすくなりますよ。

例えば、パンもトーストするかしないかで固さが変化し、食べやすさも変わってきます。

 

時間が経つにつれて、一人一人に合った食べ物や食べ方のコツがわかってきます。

徐々に慣れながら、楽しく食事を摂っていきましょう。

 

マウスピース型矯正装置を使った治療は取り外しが可能なため、ワイヤーを用いた治療よりは食事がしやすいという方が多いです。

しかし、どの方法を取っても歯を動かしていく過程で痛みや違和感はつきものです。

そして共通して大切なのが、しっかりと歯を磨くことです。

歯ブラシの当てにくさなどもありますが、装置の隙間に入った食べ物や汚れは虫歯や歯周病の原因になってしまいます。

せっかく矯正治療を行うのに、虫歯や歯周病になってしまったら悲しいですよね。

歯ブラシや歯間ブラシを使って健康なお口を目指しましょう。

 

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

03-6805-5765

医院の住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

診療時間
11:00 ~ 15:00--
16:00 ~ 20:30--
10:00 ~ 13:00----
14:30 ~ 18:30----
  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝

このページの先頭に戻る