医院ブログ

駅三軒茶屋駅から徒歩2分

  • 土日も診療
  • 夜間診療有り(平日20:30まで)

03-6805-5765

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝
  • web予約
  • メール相談
キービジュアル

後戻りと矯正治療

2018年01月11日

三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区)院長の内澤です。

 

矯正治療は、時間、労力そしてお金がかかりますが、希望する綺麗な歯並びになります。

綺麗な歯並びになると、笑った時の笑顔が今よりもさらに魅力的になります。

しかし矯正治療後の心配なこと、それは「後戻り」

 

後戻りとは


矯正治療後の歯並びにでこぼこが生じてしまう後戻り、

正直、後戻りを完全にふせぐことはできません。

しかし最小限に食い止めることはできます。

最小限に食い止める方法は、矯正治療後の保定装置を使用することです。

 

保定装置に関して(後戻りが生じる理由、保定装置の使用時間と種類について)は、以前当院のブログにて掲載させていただいているので、1度読んでみてください。 ( https://www.sangenjaya-ortho.com/blogs/archives/371

 

後戻りに対する矯正治療の方法


保定装置を使用しなしで後戻りが生じた場合でも、再度矯正装置を使用して、歯並びの改善をすると、綺麗な歯並びになります。

ちなみに、後戻りによって生じたでこぼこの程度、治療方法の希望(矯正装置をどの範囲で装着するのか、目立たない装置を希望するかどうか)は患者様それぞれで違うため、後戻りに対する矯正治療方法は、人それぞれでことなります。

場合によっては、1度目の矯正治療よりも、後戻りに対する矯正治療の方が、難易度が高くなることもあります。

しかし、安心してください、適切な治療計画を立てて、適切な矯正治療を行えば、目標とする歯並びを得ることができます。

 

 

矯正装置の装着する範囲

例えば、前歯のでこぼこのみの後戻りであれば、矯正装置を前歯だけ部分的につけて、矯正治療を行えば1回目の強制治療後に戻ります。

しかし、ここに、歯の前後的な関係(例えば、上顎の歯が出てきて出歯になったとか)、垂直的な関係(だんだん前歯で物をかみにくなったとか)が加わると、治療も複雑になるため、歯並びの垂直的な関係や、前後的な関係も改善する場合には、すべての歯に強制装置をつけて、改善する必要が出てきます。

治療前    →   治療後

 

治療期間

治療期間は、前歯だけ部分的につけて行う治療よりも、すべての歯に矯正治療を行う方が期間もかかります。

 

治療費

料金に関しても、前歯だけ部分的につけて行う矯正治療よりも、すべての歯に矯正治療を行う方が、使用する装置も多いですし、治療期間も長くなるため、治療費が高額になります。

 

治療前  →    治療後

 

まとめ


後戻りに関しては、治療期間やどのような歯並びにしたいかや、治療費等の違いによって、治療方法がいろいろありますので、一度ご相談いただければと思います。

 

 

 

 

ページを見る

医療費控除と矯正

2018年01月7日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科の院長 内澤です。

 

1月も中旬となり、確定申告の時期も近づいてきましたね。

そこで、本日は医療控除についてまとめます。

 

医療費控除とは

(さらに…)

ページを見る

保定と矯正

2017年12月30日

こんにちは、三権茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷)院長の内澤です。

 

 

本日は、矯正治療後に使用する保定装置についまとめました。

 

 

矯正治療を受けると、矯正治療前に打ち合わせをした理想の歯並びになります。

しかし、歯並びを維持するためのメンテナンスをしなければ、凸凹が生じてしまいます。

そこで、理想の歯並びを維持するために使用する装置が保定装置といわれています。

ここで、注意したいのが、矯正うけたから凸凹が生じてくるわけではありません。

原因として以下の理由があるからです

 

 

 

矯正治療後に凸凹がでてくる理由は


歯は骨や歯周組織によって支えられています。

また歯に矯正力を加えると、歯の根を支えている骨の吸収と再生が絶えず行われます。そのため歯を積極的に動かした直後は、歯の根を支えている骨は、歯を支えているという点で不安定となります。

このため矯正治療直後は保定装置を使用しないと後戻り(凸凹)が生じやすくなります。

 

加齢変化によっても凸凹が生じます。

歯はかみ合う方向に対して垂直ではなく、少し前方に傾斜してはえています。

このため、歯と歯が噛み合うと、歯には前歯方向に押される力が加わるため前歯部に凸凹が生じます。

 

 

 

 

保定装置の使用時間


基本的に保定装置は、歯を支えている組織が不安定な時期は長期間使用して頂き、組織が安定してくると保定装置の使用時間は短くなります。

積極的に歯を動かした(動的治療)直後は歯の根を支えている骨が不安定なため、保定装置の長時間の使用が推奨されます。そのため、食事や歯磨きの時間以外の時間の使用をお勧めします。(動的治療後約6か月から12ヵ月まで)

ある程度、期間がたって安定してくると(動的治療後約6か月から12ヵ月以降)在宅時使用となります。

さらに、安定すると、就寝時時間のみと使用時間が減ってきます。

 

いつまで?

ここで、よく聞かれるのが、保定装置はいつまで使用しますかという質問。

答えとしては、上記にも記載した、加齢変化によっても凸凹が生じてしまうため、理想的には、きれいな歯並びを維持したい間は保定装置を利用することを推奨します。

 

 

 

保定装置の種類


1、取り外しのできる保定装置

ベックタイプの保定装置

装置としては、レジンとワイヤーで策された装置となります。

装着時に、表向きにワイヤーが出るため、目立ちますが取り外しができるため、目立ちたくないときには取り外しができます。

また、咬むところに材料がないため、装置の耐久性が良いです

装置が、大きいため、話しづらくなります。

マウスピース型の保定装置

透明なため、ほとんど人に気が付かれることはありません。

しかし、咬むところに装置の材料があるため、割れたり、穴が開いたりのリスクはあります。

 

2、固定式保定装置

固定装置なため、食事のために取り外しをするわずらわしさはありません。

清掃性は悪いため、歯磨きに気を付けなければなりませんが、ブラッケト装置よりは歯磨きがしやすいです。

 

 

定期的な来院


1から2か月であった積極的に歯を動かしていた時期とは違い、保定装置での来院間隔は、数か月から、1年の間での来院となります。

歯を積極的に動かしていた矯正装置の除去直後は1から2か月後に来院いただき装置の変形がないかどうか、装着状況の確認をします。

その後は、3か月後の来院として、矯正装置除去後1年後には、来院間隔は半年から1年おきの来院を推奨しております。

 

 

以上が保定装置についてでした。

 

ちなみに、当院では、矯正治療後の後戻りに対する矯正治療もおこなっております。

もし、心配なことがあれば一度ご相談いただければと思います。

 

 

ページを見る

矯正相談(無料)

2017年12月22日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区) 院長の内澤です。

 

いきなりですが

  • 矯正治療開始のタイミングはいつなのか?
  • 歯科検診で矯正治療が必要だと言われたが、本当に矯正治療が必要か知りたい。
  • 治療期間はどれくらいかかるのか?
  • 治療費はいくらなの?
  • 目立たない矯正治療をしたい
  • 矯正治療は痛いの?
  • 治療後はこんな歯並びにしたい

などの疑問や不安、希望をお持ちのままで、解決できていない方は、一度当院の無料相談を受診しませんか?

 

当院での相談では、患者様の疑問や不安、希望にたいして、何度でも患者様が納得するまでお答えすることを心かけております。さらに初診相談、診断は無料で行っています。

矯正治療が初めての人でも分かりやすく、丁寧にご説明いたします。

 

 

他の医院のカウンセリングとの違い


(さらに…)

ページを見る

拡大、小児矯正

2017年12月15日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区)院長 内澤です。

先日は、ふたご座流星群の活動が極大となり、多くの流れ星を見られたとのことでしたが、どうだったでしょうか?

当日は天気が良く、中には、たくさんの流れ星を確認できた方もいらっしゃったかもしれません。

私に関しては、夜空を眺めてみたのですが、寒さと、なかなか流れ星にめぐり合うこともできず断念してしまいました。

さて、本日は、小児矯正で使用する拡大装置について書かせていただきます。

拡大装置について


大人の歯と、子供の歯が混在する年齢での拡大装置の使用目標は、大人の歯が生え揃った状態で、歯を抜かない治療をするためではなく、これから生えてくる歯の生えるスペースを確保するために使用します。

 

装置の種類としては、患者様自身で取り外しのできる装置と、取り外しのできない装置の2種類あります。今回に関しては、取り外しのできる拡大装置についてまとめます。

装置の使用時間は、約12時間を目標としております。

装着当初は違和感は生じますが、だんだんとなれてきます。

装置は、約2週間に一度、装置の中に組み込まれているネジを回転させ、歯を動かす力を活性化させ、歯列弓の拡大をさせます。

ネジを回転させると、歯を動かす力が新たにくわわるため痛みと感じるところから違和感の間で痛みが生じます。3日から5日間の間で治ります。

装置はお口に中に入れて使用するものなので、清潔にして使用していただきます。

清掃方法としては、1日に一回でいいので、装置を歯ブラシにて磨いていただきます。

ここで注意していただきたいのは、歯磨き粉は使用しないでください。

歯磨き粉には研磨剤が含まれるため、使用すると装置に傷がついてしまい、汚れがつきやすくなってしまいます。

使用するとしたら、中性洗剤(食器洗い洗剤)の使用をお勧めします。

においや汚れが気になる場合には、市販の部分入れ歯用洗浄剤や、リテーナ洗浄剤等を使用して、つけ置き洗いをしてください。

 

以上が、小児矯正で使用する拡大装置についてでした。

 

 

 

ページを見る

矯正治療中の痛み

2017年12月14日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区)院長の内澤です。

 

矯正相談で、聞かれる質問の一つに、矯正治療中の痛みってありますか?

(さらに…)

ページを見る

口呼吸で、でっぱ??

2017年12月13日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科の歯科医師、内澤理恵です。

 

12月も半ばに差し掛かり、日に日に寒さが増してきましたね。
風邪引きさんが増える季節です。インフルエンザだけでなく、普通の風邪でもなかなかに厄介で、注意が必要ですよね。

ウチの子たちも数日前から鼻水が出ていて、息苦しそうにしています。お口でハァハァ呼吸して…

ところでこのハァハァ呼吸、お口や身体に悪い影響が出ることがあるって知ってましたか??

 

鼻毛の実力!


この呼吸は口呼吸(こうこきゅう)といいます。
正しい呼吸では鼻から空気を吸い込みます。空気が鼻の中を通る時に加湿され、鼻毛のフィルターで異物が除去されて身体にとって優しい状態になって気道に流れ込みます。
ところが口呼吸をしていると、乾いた冷たい空気が直接喉や気道に進入し、しかもウィルスも除去されていないので、鼻で呼吸している人より風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまうのです!
唇も、常に乾燥した風にさらされている状態なので、リップクリームなどでケアしてもガサガサに荒れてしまいます。

 

出っ歯になる!?


歯並びにとっても悪いことがあります。
本来歯は外側は唇や頬、内側は舌の両方から押されあってキレイな馬てい形(馬のヒズメのようなU字型)をしています。ところが、口呼吸によって唇が開きっぱなしになると唇に支えられていたはずの前歯は舌が押す力に負けて出っ歯になってきてしまうのです。
前歯の歯並びでお顔の印象はかなり変わってしまいます。
また、出っ歯になってしまうと前歯で海苔やラーメンや焼肉など、食べ物を噛み切ることができなくなってしまい、食べにくい、食事の時の魅力が半減、さらには消化不良など、多くの悪影響が出てきてしまいます。
さらに、口の中は唾液によって汚れを洗い流す作用があるのですが、口呼吸で前歯の部分の歯茎が乾燥すると唾液が行き渡らずに歯肉炎や前歯の虫歯も出来やすくなってしまいます。

 

矯正治療?それとも耳鼻科??


口呼吸の原因が鼻炎やアデノイド(のどの奥のリンパ組織)など、症状や場合によっては耳鼻科の先生と一緒に治療するケースもあります。
とは言え、患者さまそれぞれに状態は異なりますので、口呼吸で気になることがあったらお気軽にご相談くださいね。

 

三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科の内澤理恵でした。

 

 

 

ページを見る

矯正治療の一連の流れ。

2017年12月11日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区)院長内澤です。

 

矯正治療は、体への負担を最小限にしながら歯を動かすので、治療期間はどうしても長くなってしまいます。

しかし当院では、お忙しい時間そして労力を使い、来院していただいている患者様のために、

一回一回の診療に情熱をかけ、最大限やれることを行い、

最後には、矯正治療をうけて良かったと思っていただけるような診療に心がけて、日々の治療を行っています。

 

そこで、本日は矯正治療の一連の流れを紹介します。

 

Step1 初診相談

(さらに…)

ページを見る

ホームホワイトニング、はじまる!|世田谷区三軒茶屋のホワイトニングと矯正の専門クリニック「三軒茶屋フデンタルデザイン歯列矯正歯科」

2017年12月10日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科の歯科医師、内澤理恵です。

早くも12月も半ばに差しかかろうとしていますね。忘年会、年賀状の準備、クリスマスなど忙しい季節ですが、皆さんお元気でお過ごしですか?

今回は新しいお知らせがあり、記事を書かせていただいてます。
来週当院は開業して1ヶ月を迎えるのですが、やっとホームホワイトニングの準備が整いました!!

ホームホワイトニングとは?


ホワイトニングを大きく分けるとオフィスホワイトニングとホームホワイトニングという方法に分かれます。
それぞれにメリットがあるので、順にお話ししますね。

オフィスホワイトニングは、歯科医院に通院してホワイトニングをする方法です。
歯科医師や歯科衛生士が行うので、濃度の濃い薬剤を使うことができ、また専用の光をあてることで薬剤の作用を活性化することができます。ほとんどの場合、一回の施術でも白さが増したと感じることができます(ただし、元の歯の色や歯の質によって効果を感じにくい場合もあります)。
また、資格を持った人が施術するので、知覚過敏など歯がシミやすい人には薬剤の濃度を調整することができます。

ホームホワイトニングは、歯科医院で専用のマウスピースを作ってお家でホワイトニングをする方法です。
マウスピースに専用のホワイトニングジェルを入れ、決められた時間、歯に装着して過ごします。薬剤は一般の方が使いやすい濃度に設定され、知覚過敏の人にもシミにくく作られています。
また、ホームホワイトニングはゆっくり少しずつ白くなるので、コツコツ続ける必要があります。その分、自然に白くなっていくので、周囲の人にホワイトニングしていることを気付かれなくない方に向いているとも言えます。
ただ、ゆっくり白くなるので、効果を実感するまで少なくとも2週間くらいはかかるかもしれません。

 

第3の選択肢


実は、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニングの他にもう一つ方法があるんです。
それはデュアルホワイトニングといいます。やり方は、定期的に歯科医院でオフィスホワイトニングしながら、毎日お家でホームホワイトニングをします。
オフィスホワイトニングは歯の表面、ホームホワイトニングは歯の内側と、それぞれ白くする部分が違います。ですので、デュアルホワイトニングは両方を併用することで外からも中からも歯を白くすることができるんです。
確実に白くしたい、白さを長持ちさせたい方にはこのデュアルホワイトニングがオススメです。

とはいえ、オフィスホワイトニング、ホームホワイトニング、デュアルホワイトニングそれぞれにメリットがあるので、もしホワイトニングに興味があれば一度ご相談くださいね。

三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科の内澤理恵でした。

ページを見る

当院の初診相談の流れ|世田谷区三軒茶屋のホワイトニングと矯正専門の医院「三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科」

2017年12月9日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区)、院長の内澤です。

 

12月も始まり、何かと慌ただしい年の瀬ではございます。

気温も下がり、もちろん私の実家のある北海道ではすでに雪が積もっております。私が小さい時は、雪が降れば大喜びで外に出て遊んだのですが…今は寒さには勝てません。

皆様の体調はどうでしょうか。

これからは、インフルエンザがはやりますのでご注意ください。

最近では、俗に隠れインフルといわれている、高熱が出ないインフルエンザ感染もあるそうです。高熱が出ないので普通の風邪と勘違いし、悪化するとインフルエンザ肺炎を併発することもあるそうです。

高熱が出ない理由として、感染したウイルスが高熱を出さない方のウイルスの場合、インフルエンザの予防摂取を受けていた、または高齢で高熱を出せる体力がないなどがあるそうです。

とにかく日常生活でインフルエンザにかからない予防方法は、適切な、栄養と休養、湿度と気温、手洗いうがいが大切です。

 

本日は当院の初診相談の流れを紹介します。

(さらに…)

ページを見る

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

03-6805-5765

医院の住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

診療時間
11:00 ~ 15:00--
16:00 ~ 20:30--
10:00 ~ 13:00----
14:30 ~ 18:30----
  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝

このページの先頭に戻る