医院ブログ

診療時間

  • 月・水・木・金 11:0020:30
  • 土・日 10:0018:30

※休診日:火・祝

三軒茶屋駅
から徒歩2分

キービジュアル

八重歯と前歯部反対咬合の改善をハーフリンガル矯正(上顎:表側 下顎:裏側 のワイヤー矯正)で改善した症例

2024年4月4日

 

 

東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

今回は当院で行なった治療の一部をお見せします。

 

症例の特徴をまとめると以下となります。

 

 

特徴

・八重歯。

・上顎の前歯一本が内側に入っている。

・左上に乳歯が残っている。

 

方針

Step1: 上顎の犬歯の後方移動

Step2:  内側に入っている歯の位置の改善

Step3:  全体的な凸凹とかみあわせの改善

 

使用した矯正装置

・ハーフリンガル

(上顎:表側 下顎:裏側 のワイヤー矯正)

・歯科矯正用アンカースクリュー

 

 

 

治療期間約3年で咬合および歯の並びが改善したため、動的治療を終了とした。

リスクと副作用:歯根吸収、歯肉退縮、後戻り、虫歯、痛み

 

このような治療が可能となります。

一度、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(https://www.sangenjaya-ortho.com/)にご相談ください

 

 

 

 

前歯の反対咬合(受け口)の歯並びに対して抜歯を伴った治療で改善した症例

2024年3月16日

前歯部反対咬合(受け口)の改善

 

 

特徴

・前歯部反対咬合(受け口)

・かみあわせが深い

(上の前歯と下の前歯の垂直的に覆い被さる量が多い)

 

方針

・step1 前歯部反対咬合の改善

・step2 抜歯スペースの閉鎖

・step3 かみあわせ、歯並びの改善

 

使用した矯正装置

・表側のワイヤー矯正

・顎間ゴム

 

 

前歯の反対咬合を主訴で来院された患者様です。

プロファイルも含め、外科矯正を伴う矯正治療をご提案したが、手術は避けたいとのことで

矯正治療のみでの治療となりました。

歯並びの特徴として、前歯部反対咬合、かみあわせが深い(上の前歯と下の前歯の垂直的に覆い被さる量が多い)状況でした。患者様と相談し非抜歯で治療を開始しました。

 

 

治療の流れとして

Step 1 前歯部反対咬合の改善

Step 2 かみあわせ、歯並びの改善

としました。

 

前歯部反対咬合の改善後、患者様より前歯の傾斜と口唇も下げたいとのことで抜歯での治療へ変更となった。

抜歯後の治療計画は以下となった

step2 抜歯スペースの閉鎖

step3 かみあわせ、歯並びの改善

 

動的治療開始から3年、抜歯スペースが閉鎖し、適切な咬合が確保されたため動的治療を終了となった。

リスクと副作用:歯根吸収、歯肉退縮、後戻り、虫歯、痛み

 

 

前歯部反対咬合の治療は外科矯正を伴わなくても矯正治療だけで改善可能なこともあります。

一度、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(https://www.sangenjaya-ortho.com/)にご相談ください

 

かみあわせが深い出っ歯の改善をマウスピース型矯正装置(インビザライン)で改善

2024年3月14日

抜歯、マウスピース型矯正装置インビザライン使用

 

 

特徴

・かみあわせが深い

(上の前歯が下の前歯を垂直的に覆い被さる量が多い)

・上顎の前歯が前方に位置している

(上下前歯の前後的な差が大きい)

・上顎の前歯の傾斜も強い

 

方針

上顎が下顎に対して相対的に歯1本分 前にあるので抜歯で上顎の前歯を全体的に後方に下げて出っ歯の改善をする。

Step1: 上顎の前歯の後方移動

Step2: 全体的な凸凹の改善

 

使用した矯正装置

・マウスピース方矯正装置(インビザライン)

 

本日はマウスピース型矯正装置 (インビザライン)を使用した抜歯症例です。

歯並びの特徴として 上顎の歯列が相対的に下顎の歯列より歯一本程度前方に位置しているのですが、上の前歯が下の前歯を垂直的に覆い被さる量が多く、また上顎の前歯の舌側への傾斜も強いため

見た目的には一般的な出っ歯には見えない状況です。

 

出っ歯と矯正

 

治療方針としては

出っ歯の治療計画は、凸凹の量や上下歯列の前後関係の程度によって、非抜歯で治療するか抜歯を伴う治療にするか検討します。今回の場合は上顎が下顎に対して相対的に歯1本分前方にあるため上顎のみの片顎抜歯の治療計画を立案した。

抜歯によって生じたスペースを利用して上顎前歯を後方に下げて出っ歯の改善を行なった。

 

治療の流れとしては以下となる。

Step1: 上顎の前歯の後方移動

Step2: 全体的な凸凹の改善

かみあわせをあげながら前歯を下げることは複雑な動きとなるため、かみあわせが深い歯並びの治療は治療期間が延長するが、今回は患者様のインビザラインの使用時間、使用方法を厳守していただけたため、歯がスムーズに移動した。マウスピースの作り直しを行い最終的に咬合が確保されたため動的治療を終了となった。治療期間として約2年半となった。

リスクと副作用:歯根吸収、歯肉退縮、後戻り、虫歯、痛み

 

 

このようにマウスピース型矯正装置(インビザライン)単独でも抜歯の治療は可能となります。

一度、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(https://www.sangenjaya-ortho.com/)にご相談ください

歯並びが綺麗だと何が良いの?みんなが歯科矯正治療をする理由3選を紹介

2023年6月16日

こんにちは。世田谷区にある三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

 

歯列矯正は、出っ歯・八重歯・受け口など、乱れた歯並びを奇麗な歯並びに整えることができます。

綺麗な歯並び・矯正することのメリットについてご紹介するので、矯正治療にご関心のある方はご参考になさってください。

目次

■良い歯並び・悪い歯並びとは
■みんなが歯科矯正治療をする理由3選
■歯科矯正治療歯の種類
■迷ったら矯正専門の歯科医師に相談してみよう
■まとめ

■良い歯並び・悪い歯並びとは


悪い歯並び、良い歯並び、という言葉は多くの人が耳にしたことがあると思いますが、具体的に良い歯並び、悪い歯並びとはどんな状態のことをさすのでしょうか?

○良い歯並び

良い歯並びと聞くと見た目の美しさをイメージする人が多いかもしれませんが、重要なのは噛み合わせです。良い歯並びとは一般的に上下の前歯の中心が揃っており、正面から2番目以降の歯が2分の1ほどずつずれている状態をさします。また、上の歯が下の歯に2〜3mm程度重なって2〜3mm程度前に出ている状態もひとつの目安となります。また、前の下の歯を除いて上下の歯が互いに1本につき2本対応している状態が良好な噛み合わせといえます。大体の場合、完璧な歯並びの人はほとんどいません。噛み合わせには多少のズレがあることが多いですが、矯正を行うことで、前述した良い状態に近づけることができます。

 

○悪い歯並び

悪い歯並びは別名不正咬合とも呼ばれ、種類があります。不正咬合の場合、磨き残しも多くなり、歯垢や歯石が沈着し、虫歯や歯周病を引き起こす原因になります。また、歯と歯の隙間が大きい、内側に倒れている…といった場合は、見た目の問題だけでなく、正しい舌の動きができず、発音がおかしくなることもあります。

◇受け口(反対咬合)

上の歯より前に下の歯が出ている噛み合わせをさします。

 

◇出っ歯(上顎前突)

上の歯が前に出ている状態の噛み合わせを出っ歯といいます。歯が前に出ているので、見た目が良くないだけでなく、折れたり唇を切るなどのリスクもあります。

 

◇開咬

奥歯をきちんと噛んでも前歯が噛み合わなく、開いている状態を指します。指しゃぶりや舌を出すなどの悪い癖や遺伝などが原因で起こります。

 

◇八重歯・乱ぐい歯(叢生)

顎が小さいことで歯が並ぶ場所が狭くて歯列がデコボコになっている状態を乱ぐい歯といいます。症状が悪化すると後から出てくる歯が歯並びから外にはみ出してしまい、「八重歯」と呼ばれる重なりあって生えている状態になります。犬歯がはみ出した場合も八重歯に含まれます。

 

◇すきっ歯(正中離開)

上顎の一番前の歯は、生えてくる際は開いていても中切歯の隣の歯が生えてくると閉じてきます。これが開いたままになっている状態をすきっ歯といいます。上唇の内側のひだが大きすぎたり、永久歯が小さすぎたりすると起こります。

 

綺麗な口元

綺麗な口元

 

■みんなが歯科矯正治療をする理由3選


綺麗な歯並びになると、下記のようなメリットが得られます。みんなが歯科矯正治療を選ぶ理由を見てみましょう!

○噛み合わせが改善して食事を楽しめる&発音も改善!

不正咬合の状態だと、食べ物がよく噛み切れず、消化不良の原因になることもあります。歯並びが綺麗になることで、消化器官を助けるだけでなく、食事をストレスなく楽しむことができます。口元の筋肉や顎の骨の成長にもつながりますよ。また、「不正咬合による発音の悪さ」からも解放されたという声もみられました。滑舌に関する悩みがある人にとっても歯列矯正は有効な手段だといえます。

 

○お手入れがしやすいので虫歯・歯周病のリスクが減る!

凸凹の歯並びだと、どうしても磨きにくい箇所が出てきて歯の隙間や溝に汚れが溜まりやすくなります。特に歯が重なり合っていると歯ブラシの毛先が届きにくくなります。歯並びが綺麗になると、日頃のケアもしやすくなり、虫歯や歯周病のリスクも軽減されます。虫歯になりやすい体質だったけど歯列矯正をしてから虫歯が減ったという人もいらっしゃいます。

 

○笑顔の印象が良くなり自分に自信が持てる!

歯並びが悪いということをコンプレックスに感じている人は沢山います。歯並びが美しくなると、自然と笑顔が増えて、顔つきも明るくなります。笑顔の印象も良くなることで、自分にも自信が持てるようになります。また、歯並びは顔の骨格にも影響するので、なかには左右の顔のバランスが整う人もみられます。「長年のコンプレックスから解消されて口元を隠さず笑えるようになった」「気持ちも明るくなった」という人もいらっしゃいます。

 

■歯科矯正治療歯の種類


従来からのワイヤー矯正と、マウスピース矯正など、歯科矯正治療にも種類があります。ワイヤー矯正は歯にブラケットと呼ばれる器具を装着し、そこにワイヤーを通して矯正力をかけて歯列を整えていく方法です。強い力をかけることできるので、治療期間は短期間で済むことも多いですが、締め付けられるような痛みを伴うケースがたくさん見られます。

一方新しい矯正方法として定着してきたマウスピース矯正は、患者様の歯型を採取し、それを基に作成したマウスピースを歯に装着することでゆっくりと歯列を整えていく方法です。マウスピースは1週間〜2週間置きに新しい段階のものへと取り替え、1日20〜22時間以上装着します。

 

○マウスピース矯正のインビザラインとは

アメリカのアライン・テクノロジー社で1997年に開発されたのがインビザラインです。現在すでに世界100か国以上で使用されており、2021年時点で1,000万人以上の患者様がいる信頼と実績のある歯列矯正です。インビザライン治療では、治療をはじめる前にお口の中をスキャンし、歯列の変化を3D画像を見ながらシミュレーションできます。矯正治療前に矯正後の歯並びを確認できるので、治療計画と治療後の歯並びのギャップが生じにくいのがメリットです。インビザラインは透明なので、装着中も目立たず、痛みもありません。

 

インビザライン

インビザライン

 

■迷ったら矯正専門の歯科医師に相談してみよう


矯正治療を行うか迷っている方は、ひとりで考え込むのではなく、歯科医師に相談してみてはいかがでしょうか。矯正専門の歯科医師が在籍しているクリニックだと専門家の視点で適切なアドバイスや提案を受けることができるので、不安がある人でも安心です。矯正を専門とする歯科医師は、高度な知識や技術を有しているだけでなく、多くの症例に携わった経験も持っています。そのため、患者様それぞれの状態に合わせた適切な治療を提案できます。

 

当院は矯正専門医院で、数々の症例に対応しています。従来からのワイヤー矯正や部分矯正はもちろん、近年人気を集めるマウスピース矯正も行っております。矯正治療に関するお悩みがある方はぜひ一度当院にご相談下さい。

 

■まとめ


歯科矯正治療を行う事で、精神的にも肉体的にも、生活の質(QOL)を高める事につながります。歯並びが綺麗だと見た目の美しさだけでなく、体の健康を守ることにおいても重要な役割を果たします。歯並びに関するお悩みがある方は、なるべく早く歯科医院に相談することがおすすめです。

 

「矯正は痛そう」「矯正は見た目が気になる」という人には特にインビザラインがおすすめです。当院でも矯正治療を実施しており、インビザラインでの治療も可能です。気になる方はぜひ一度ご相談ください。

 

メール相談はこちらから

メール相談はこちらから

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

03-6805-5765

住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

このページの先頭へ戻る