医院ブログ

診療時間

  • 月・水・木・金 11:0020:30
  • 土・日 10:0018:30

※休診日:火・祝

三軒茶屋駅
から徒歩2分

キービジュアル

前歯の反対咬合(受け口)の歯並びに対して抜歯を伴った治療で改善した症例

2024年3月16日

前歯部反対咬合(受け口)の改善

 

 

特徴

・前歯部反対咬合(受け口)

・かみあわせが深い

(上の前歯と下の前歯の垂直的に覆い被さる量が多い)

 

方針

・step1 前歯部反対咬合の改善

・step2 抜歯スペースの閉鎖

・step3 かみあわせ、歯並びの改善

 

使用した矯正装置

・表側のワイヤー矯正

・顎間ゴム

 

 

前歯の反対咬合を主訴で来院された患者様です。

プロファイルも含め、外科矯正を伴う矯正治療をご提案したが、手術は避けたいとのことで

矯正治療のみでの治療となりました。

歯並びの特徴として、前歯部反対咬合、かみあわせが深い(上の前歯と下の前歯の垂直的に覆い被さる量が多い)状況でした。患者様と相談し非抜歯で治療を開始しました。

 

 

治療の流れとして

Step 1 前歯部反対咬合の改善

Step 2 かみあわせ、歯並びの改善

としました。

 

前歯部反対咬合の改善後、患者様より前歯の傾斜と口唇も下げたいとのことで抜歯での治療へ変更となった。

抜歯後の治療計画は以下となった

step2 抜歯スペースの閉鎖

step3 かみあわせ、歯並びの改善

 

動的治療開始から3年、抜歯スペースが閉鎖し、適切な咬合が確保されたため動的治療を終了となった。

リスクと副作用:歯根吸収、歯肉退縮、後戻り、虫歯、痛み

 

 

前歯部反対咬合の治療は外科矯正を伴わなくても矯正治療だけで改善可能なこともあります。

一度、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(https://www.sangenjaya-ortho.com/)にご相談ください

 

かみあわせが深い出っ歯の改善をマウスピース型矯正装置(インビザライン)で改善

2024年3月14日

抜歯、マウスピース型矯正装置インビザライン使用

 

 

特徴

・かみあわせが深い

(上の前歯が下の前歯を垂直的に覆い被さる量が多い)

・上顎の前歯が前方に位置している

(上下前歯の前後的な差が大きい)

・上顎の前歯の傾斜も強い

 

方針

上顎が下顎に対して相対的に歯1本分 前にあるので抜歯で上顎の前歯を全体的に後方に下げて出っ歯の改善をする。

Step1: 上顎の前歯の後方移動

Step2: 全体的な凸凹の改善

 

使用した矯正装置

・マウスピース方矯正装置(インビザライン)

 

本日はマウスピース型矯正装置 (インビザライン)を使用した抜歯症例です。

歯並びの特徴として 上顎の歯列が相対的に下顎の歯列より歯一本程度前方に位置しているのですが、上の前歯が下の前歯を垂直的に覆い被さる量が多く、また上顎の前歯の舌側への傾斜も強いため

見た目的には一般的な出っ歯には見えない状況です。

 

出っ歯と矯正

 

治療方針としては

出っ歯の治療計画は、凸凹の量や上下歯列の前後関係の程度によって、非抜歯で治療するか抜歯を伴う治療にするか検討します。今回の場合は上顎が下顎に対して相対的に歯1本分前方にあるため上顎のみの片顎抜歯の治療計画を立案した。

抜歯によって生じたスペースを利用して上顎前歯を後方に下げて出っ歯の改善を行なった。

 

治療の流れとしては以下となる。

Step1: 上顎の前歯の後方移動

Step2: 全体的な凸凹の改善

かみあわせをあげながら前歯を下げることは複雑な動きとなるため、かみあわせが深い歯並びの治療は治療期間が延長するが、今回は患者様のインビザラインの使用時間、使用方法を厳守していただけたため、歯がスムーズに移動した。マウスピースの作り直しを行い最終的に咬合が確保されたため動的治療を終了となった。治療期間として約2年半となった。

リスクと副作用:歯根吸収、歯肉退縮、後戻り、虫歯、痛み

 

 

このようにマウスピース型矯正装置(インビザライン)単独でも抜歯の治療は可能となります。

一度、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(https://www.sangenjaya-ortho.com/)にご相談ください

非抜歯で出っ歯の治療

2024年3月11日

非抜歯で出っ歯の治療

 

 

まとめ

特徴

・矯正治療の既往あり

・上顎の中間の歯は抜歯済み

・上顎の前歯が前方に位置している

(上下前歯の前後的な差が大きい)

・上顎の前歯の傾斜も強い

 

方針

非抜歯で上顎の歯を全体的に後方に送って出っ歯の改善をする。

Step1: 上顎の歯の全体的な後方移動

Step2: 全体的な凸凹の改善

 

使用した矯正装置

・マウスピース方矯正装置(インビザライン)

・カリエール

 

経過

東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

今回は当院で行なった治療の一部をお見せします。

上記の患者様は以前他院で矯正治療を行ったが、動的治療後の保定装置は使用していたがだんだんと使用時間が減少し、最終的には保定装置を使用しなくなってさらに数年経って前歯の凸凹が気になったため再治療を希望し当院に来院いただきました。

 

保定装置

 

現状として、上顎の前歯が前方に位置しており、前歯を噛ませためには相対的に上顎前歯を後方に移動させることが必要でした。

上下前歯の前後的な位置関係の差が著しく大きいため抜歯も検討したのですが

上顎は中間の歯(小臼歯)が抜歯済みで、今回は追加での抜歯は難しいため、非抜歯で上顎の歯を全て後方に送ることで出っ歯の改善を行うこととした。

 

治療計画として

Step1: 上顎の歯の全体的な後方移動

Step2: 全体的な凸凹の改善

とした。

 

step1をマウスピース型矯正装置で順次的に歯を動かすと、治療期間が長くなるので、今回はカリエールを使用しました。

カリエールは奥歯の大きい歯が著しく近心回転していると適応になるため、全ての遠心移動にカリエールが適応できないですが、今回は適応だったため使用しました。

カリエールで奥歯の前後関係が改善後、step2としてマウスピース型矯正装置(インビザライン)にて治療を行いました。

治療期間約2年で咬合および歯の並びが改善したため、動的治療を終了とした。

リスクと副作用:歯根吸収、歯肉退縮、後戻り、虫歯、痛み

 

このような治療が可能となります。

一度、東京都世田谷区の三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(https://www.sangenjaya-ortho.com/)にご相談ください

こんなに違う!?歯科先進国「スウェーデン」の取り組み

2024年3月6日

 

こんにちは。世田谷区にある三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

 

春は出会いと別れの季節。
3月に入り、惜しみながらも
級友や同僚との別れを
迎える方もいらっしゃるのでは
ないでしょうか。

 

環境の変化とともに
何かと忙しくなる時期ですが、
そんな時こそ
気に留めておきたいのが
いざという時の備え、
つまり「予防」です。

 

今回は
「むし歯にならないための予防」として、
デンタルケアの意識が高い
歯科先進国である
スウェーデンの取り組みをご紹介します。

 

あわや国家の危機に!?
むし歯大国だったスウェーデン

 

歯科先進国として
ご紹介したスウェーデンですが、
実は過去に多くの国民が
むし歯に悩まされていました。

その原因のひとつが
「甘いおやつ」です。

 

スウェーデンには
「フィーカ」と呼ばれる習慣があり、
仕事の合間であっても
午前と午後に1回ずつ、
甘いものとコーヒーを楽しむ時間を
設けています。

 

こういった習慣なども相まって、
やがて国民にむし歯が
まん延していったのです。

 

 

多くの国民が
むし歯治療を行うことで
国の保険料負担が増加し、
やがて国の財政が
苦しい状況になります。

そこで、スウェーデンは
国をあげて問題の解決に着手します。

 

まずイエテボリ大学教授で
著名なペール・アクセルソンと
ヤン・リンデが先導し、
長期間にわたる研究を行いました。

その結果、
「歯の健康を保つためには
予防が一番大切」
という結論に至ったのです。

 

この研究を経て
スウェーデンは国全体で
予防歯科に取り組むようになります。

 

その結果、2005年時点で
70歳以上の平均残存歯の数が
21本となりました。
当時の日本が16.5本だったのに対し、
大きく上回る数値です。

 

かつては国全体が
むし歯に悩まされるも、
予防歯科を推進したことで
ついには歯科先進国となったのです。

 

10%対80%!
日本とスウェーデンで決定的に違う「ある習慣」とは?

 

スウェーデンと日本の
大きな違いは
「保険で予防歯科を
カバーできる範囲」です。

この取り組みは、
言うなれば
「未来への投資」
とも言えます。

 

日本では
歯周病などの慢性疾患がない場合は
定期的なメインテナンスや
検診が原則として保険適用になりません。

 

一方、スウェーデンでは
1974年に歯科保健制度が導入されて以来、
定期検診にも保険が適用されているため、
「むし歯になる前に歯医者に行こう」
という考えが
幅広い世代に浸透しています。

その意識の高さを
裏付ける数字としてあげられるのが
「80%」という数字です。

 

 

この80%とは
「歯科の定期検診を受ける
スウェーデン国民の割合」です。

一方の日本は、なんと10%未満。
きれい好きのイメージがある日本人ですが、
予防歯科の中では
これだけ大きな開きがあります。

 

さらにスウェーデンでは
20歳ごろまで矯正や
インプラントを含む
歯科治療が全て無償です。

この取り組みの差が、
国民の意識に大きく影響を与えている、
と言えるでしょう。

 

ちなみに予防が定着した現在も、
甘いおやつを食べながら
コーヒーを飲む「フィーカ」は
続けられています。

 

健康なお口の第一歩は
日々のセルフケアから!

 

日本もスウェーデンのように
保険の適用範囲がもっと広がれば…
と思いますが、
こればかりは国の方針に
期待するしかありません。

 

しかし、こうしている間にも
皆さんのお口の中では
むし歯や歯周病が
日々進行しているかもしれません。

 

健康なお口を保つために
まずは基本となるセルフケアを
欠かさず丁寧に行いましょう!

 

そして、気になる症状や
違和感があれば、
早めの受診をおすすめします。

 

歯科先進国に負けないレベルで、
最新の医療を受けられるのが
日本の歯科医院です。

 

 

適切な処置やクリーニング、
さらにブラッシングなどの
指導を受けることで、
セルフケアとの相乗効果も
生まれます。

 

新生活を迎えるこの季節。
歯の予防に対する意識も
ぜひ一新してみては
いかがでしょうか!

 

三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科
〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14
TEL:03-6805-5765
URL:https://www.sangenjaya-ortho.com/
Googleマップ:https://maps.app.goo.gl/7UG4wC7fUZMeXGPS9

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

03-6805-5765

住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

このページの先頭へ戻る