矯正(ゴムの役割)

駅三軒茶屋駅から徒歩2分

  • 土日も診療
  • 夜間診療有り(平日20:30まで)

03-6805-5765

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝
  • web予約
  • メール相談
キービジュアル

矯正(ゴムの役割)

2021年05月28日

こんにちは
マルチブラケット法というブラケットとワイヤーを使う矯正歯科治療では、主にワイヤーの働きで歯並びを整えます。
歯を移動させるには、ワイヤーだけでなくゴムも使っています。
ゴムで歯が移動するというと、不思議に思われる方もおられるかもしれません。
なお、矯正治療で用いられるゴムのことを弾力ゴム、もしくはエラスティック(elastics)とよんでいます。
今回は、マルチブラケット法での弾力ゴムの役割などについてお話ししましょう。

 

 

マルチブラケットで用いられる弾力ゴムについて


マルチブラケットで用いられる弾力ゴムには、天然ゴムで作られたゴムリングと、ポリウレタンゴムなどの合成ゴムで作られた小リングやチェーンタイプゴムなどいろいろな種類があります。
ワイヤーをブラケットに固定する際には、細いワイヤーを用いることもありますが、小リングを使うこともあります。
すなわち、小リングはワイヤーをブラケットに固定するための弾力ゴムです。
その他の弾力ゴムは、歯を移動させるために使います。

 

 

弾力ゴムの掛け方


弾力ゴムには、垂直ゴム、斜めゴム、三角ゴム、四角ゴムなど掛け方によっていろいろな名称がつけられています。
垂直ゴム以外の弾力ゴムでは、歯に対して、斜め上方や斜め下方への矯正力が発揮されます。
弾力ゴムは、一箇所だけでなく、2〜3箇所に同時にかけることも珍しくありません。

 

 

弾力ゴムの使い方


弾力ゴムの使用目的として多いのが、歯を引っ張る牽引という歯の移動です。
例えば、第一小臼歯という前から数えて4番目の歯を抜歯した後にできたスペースに、その手前の犬歯を移動させて隙間をなくす場合です。
実際、ワイヤーの働きだけで、歯を前後に動かすのは困難です。
そこで、ワイヤーの弾力性に弾力ゴムの作用を組み合わせて、歯を移動させています。
上顎と下顎の間に掛けた弾力ゴムでは、歯を引っ張り出す挺出という力が加わることがありますので、注意が必要です。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

03-6805-5765

医院の住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

診療時間
11:00 ~ 15:00--
16:00 ~ 20:30--
10:00 ~ 13:00----
14:30 ~ 18:30----
  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝

このページの先頭に戻る