矯正(マルチブラケット法で奥歯にバンドをつける理由)

駅三軒茶屋駅から徒歩2分

  • 土日も診療
  • 夜間診療有り(平日20:30まで)

03-6805-5765

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝
  • web予約
  • メール相談
キービジュアル

矯正(マルチブラケット法で奥歯にバンドをつける理由)

2021年06月1日

こんにちは
マルチブラケット法で歯並びを整える際、奥歯だけはブラケットという金具ではなく、チューブをつけた金属製のバンドにしてあります。
どうして奥歯もブラケットにしないのか、不思議に思われる方も多いことでしょう。
矯正歯科治療では、歯並びをきれいな整えるために歯を移動させるわけですが、歯の移動と切っても切れないとても大切なポイントがあります。
それは、歯の固定です。
移動と固定とは、一見すると矛盾するように感じられるかもしれませんが、歯の固定は歯を移動させるために欠かせません。
奥歯にバンドを巻く理由は、この歯の固定に関係しています。
今回は、奥歯にバンドをつける理由である歯の固定についてお話しします。

 

 

歯の固定が大切な理由


身近な例で言うと、走るときと泳ぐときをイメージするとわかりやすいかもしれません。
走るとき、地面をけって前に走りますよね。
泳ぐときは、水をかいて泳ぎます。
走るのと泳ぐのを比べると、走るときの方が、しっかりと前に進めます。
地面は足の力をしっかりと受け止めてくれますが、水はそうではなく、手や足からの力をしっかり受け止められないので、手や足からの力の何割かが逃げてしまいます。
これこそが、固定力の違いです。
地面の固定力は高いけれど、水の固定力は弱い、この違いが移動力の差となって現れます。
歯の移動も同じで、しっかりと移動させようと思うと、固定源となる歯が必要となるわけです。

 

 

歯の固定の方法


歯を移動させるに当たって、効率的に歯を移動させるためには、しっかりとした固定力を得られる歯が必要となります。
歯根の太い歯、多い歯ほど、移動させることは困難です。
そこで、矯正歯科治療では、そうした歯を固定源として利用し、残りの歯を移動させます。
具体的には、大臼歯という大きな奥歯です。
マルチブラケット法での矯正歯科治療で、大臼歯にブラケットを設けず、バンドとワイヤーを通すチューブをつけているのは、このためです。
言い方を変えれば、移動させることが難しい奥歯は、移動させるのではなく、固定力として利用することで、残りの歯を移動させて、全体の歯並びをきれいにしようと言うのが、マルチブラケット法のコンセプトと言えます。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

03-6805-5765

医院の住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

診療時間
11:00 ~ 15:00--
16:00 ~ 20:30--
10:00 ~ 13:00----
14:30 ~ 18:30----
  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝

このページの先頭に戻る