医院ブログ

診療時間

  • 月・水・木・金 11:0020:30
  • 土・日 10:0018:30

※休診日:火・祝

三軒茶屋駅
から徒歩2分

キービジュアル

インビザラインで後悔しないための矯正歯科ガイド:マウスピース矯正の原因と対策

2024年7月9日

やらなかったらよかったと後悔しない、マウスピース矯正の注意点と原因、そして対策

 

インビザラインについて


インビザラインは、1999年に米国で開発された透明なマウスピース型の矯正装置です。この装置は、従来のワイヤー矯正とは異なり、目立たないため、治療中も自分の見た目を気にせずに過ごすことができるという大きな利点があります。さらに、取り外しが可能なため、食事や歯磨きの際に外すことができ、日常生活への影響が少ないのも特徴です。以下では、インビザラインの詳細な特徴と治療の流れについて説明します。

他の矯正治療との違い

インビザラインは、伝統的なワイヤー矯正と比べて、多くの点で異なります。まず、ワイヤー矯正では、金属のワイヤーを使用して歯を動かしますが、インビザラインはカスタムメイドの透明アライナーを用います。これにより、装置がほとんど目立たないため、見た目に配慮した治療が可能です。

ワイヤー矯正では、定期的に歯科医師の診察を受け、ワイヤーの調整が必要です。しかし、インビザラインでは、1週間ごとに新しいアライナーに交換するだけで、治療が進行します。アライナーは患者の歯の動きに合わせて設計されているため、定期的な調整が不要です。さらに、インビザラインは取り外しが可能なため、食事や歯磨きの際には外すことができます。これにより、口内の衛生状態を保ちやすく、虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。一方、ワイヤー矯正では、装置が固定されているため、食事や歯磨きの際に制約が多く、口内のケアが難しくなることがあります。

 

 

治療の流れ

インビザラインの治療は、以下のステップで進行します。

  1. 初回カウンセリング 治療を始める前に、歯科医師との初回カウンセリングを行います。ここでは、患者の歯並びの状態を確認し、治療の適応性を判断します。患者のニーズや希望についても詳しく聞き取りを行い、治療の方向性を決定します。
  2. 3Dスキャンと治療計画の作成 次に、患者の口腔内を3Dスキャンし、そのデータを基に治療計画を作成します。この治療計画は、専門のソフトウェアを使用してシミュレーションされ、患者が治療後の歯並びを視覚的に確認できるようになります。シミュレーションでは、治療の各段階での歯の動きを確認することができ、治療がどのように進行するかを具体的にイメージすることができます。
  3. アライナーの作成と装着 治療計画が確定した後、患者のためにカスタムメイドのアライナーが作成されます。アライナーは一連のセットで提供され、2週間ごとに新しいものに交換します。アライナーは透明で目立たないため、装着していることがほとんど分かりません。また、アライナーは患者の歯にぴったりとフィットし、快適な装着感を提供します。
  4. 治療の進行と定期的なチェックアップ 治療中は定期的に歯科医師の診断を受け、治療の進行状況を確認します。通常、2ヶ月に一度のペースで診察を受けますが、必要に応じて診察の頻度を調整することもあります。診察では、アライナーが正しくフィットしているか、治療計画通りに歯が動いているかを確認します。また、患者がアライナーの装着時間を守っているか、口内の衛生状態が良好かもチェックします。
  5. 治療完了と保定装置の使用 治療が完了した後には、後戻りを防ぐために保定装置(リテーナー)を使用する必要があります。リテーナーは、治療後の歯並びを維持するために非常に重要であり、特に治療直後の数ヶ月間は毎日装着することが推奨されます。リテーナーの使用期間や頻度については、歯科医師の指示に従いましょう。

 

 

インビザラインで後悔したと思う理由(デメリット)


期待と現実のギャップ

多くの患者がインビザライン治療を始める前に高い期待を抱きますが、実際の結果がその期待に応えられないことがあります。例えば、インターネットや広告で見た理想的な仕上がりを期待していると、現実の結果がその期待に達しないことがあります。また、治療が進むにつれて、思ったほどの変化が見られない場合や、予想していた以上に時間がかかる場合、患者は失望し、後悔することがあります。

費用面での後悔

インビザライン治療は表側矯正に比べて高額です。治療費は症例によりますが、一般的には50万円から100万円以上かかることがあります。この費用は、アライナーの作成や治療計画のカスタマイズにかかるコストが反映されているためです。高額な費用に対して結果が満足できないと感じると後悔することになります。さらに、追加の費用や予期しない出費が発生することもあり、経済的な負担が大きくなる可能性があります。

装着時間の管理の難しさ

インビザラインの効果を最大限に発揮するためには、1日20時間以上装着する必要があります。しかし、装着時間を守るのは意外と難しいです。例えば、忙しい仕事や学業、社交的なイベントが多い人にとっては、装着時間を確保することが大きなチャレンジとなります。また、装着時間が不足すると、治療効果が減少し、治療期間が延びてしまうことがあります。このため、治療の進行が計画通りにいかず、結果として後悔することがあります。

虫歯や歯周病のリスク

インビザライン治療中は、装置を装着している時間が長いため、口内の衛生状態が悪化することがあります。特に、食事後に装置を装着する前にしっかりと歯を磨かないと、食べ物の残りかすがアライナーと歯の間に溜まり、虫歯や歯周病のリスクが高まります。さらに、口内が乾燥しやすくなるため、唾液の分泌が減少し、口内環境が悪化することもあります。これにより、治療中に新たな口腔問題が発生し、結果として後悔することになります。

適用範囲が限られる

インビザラインはすべての歯列不正に対応できるわけではありません。重度の不正咬合や複雑な歯の移動が必要な場合、従来のワイヤー矯正や他の矯正方法が適していることがあります。そのため、治療の適応性について事前に歯科医師と十分に相談しないと、後で「他の方法を選べばよかった」と後悔することがあります。

アライナーの紛失や破損

インビザラインは取り外しが可能なため、紛失や破損のリスクがあります。アライナーを紛失した場合、新しいアライナーの作成には時間と追加の費用がかかることがあります。また、破損した場合も同様に新しいアライナーが必要となり、治療の進行が遅れる可能性があります。これにより、治療計画が狂い、結果として後悔することになります。

治療結果の個人差

インビザライン治療の結果は、個々の症例によって異なります。治療計画通りに進めた場合でも、予想通りの結果が得られないことがあります。特に、複雑な歯列不正の場合や治療期間が長引く場合、期待した結果と異なる仕上がりになることがあります。これにより、患者は治療後に不満を感じ、後悔することがあります。

通院の手間

インビザライン治療は定期的な通院が必要です。通常、2ヶ月に一度のペースで歯科医師の診断を受け、治療の進行状況を確認します。忙しいスケジュールの中での通院は負担となることがあり、特に遠方から通院する場合や仕事や学業との両立が難しい場合には、大きなストレスとなります。このような負担から、治療途中で通院が困難になると、治療計画が狂い、結果として後悔することがあります。

 

 

 

インビザライン矯正のメリット


見た目の美しさ

インビザラインの最大のメリットは、その透明性です。装着していることがほとんど目立たないため、人前でも自信を持って過ごすことができます。特に社会人や学生にとって、見た目を気にせずに治療を受けられる点は大きな魅力です。また、写真やビデオに映る際にも、装置が目立たないため、治療中も自分の姿を気にすることなく楽しむことができます。

取り外し可能な利便性

インビザラインは取り外しが可能なため、食事や歯磨きの際に装置を外すことができます。これにより、従来の矯正装置と比べて日常生活での利便性が大幅に向上します。特に食事の際に好きなものを食べられるという点は、多くの患者にとって大きなメリットです。また、特別なイベントや重要な会議の際には、一時的に装置を外して臨むことも可能です。

通院回数の少なさ

インビザライン治療は、一般的なワイヤー矯正と比べて通院回数が少なくて済むことが多いです。通常、2ヶ月に一度のペースでの通院が必要となりますが、アライナーは事前に複数セット渡されるため、自己管理で進められる部分が多いです。これにより、忙しい生活を送る方や遠方から通院する方にとって、通院の負担が軽減されます。

歯並びの改善効果

インビザラインは、多くの症例で高い歯並び改善効果を示しています。軽度から中等度の歯列不正や、特定の症例に対しては非常に効果的です。治療後の仕上がりに満足する患者が多く、後悔しない選択肢として高く評価されています。また、インビザラインの治療計画は個別にカスタマイズされるため、患者のニーズや希望に応じた最適な治療が提供されます。

 

やらなきゃよかったと後悔しないインビザライン矯正の受け方とは?知っておきたい対策は? マウスピース矯正歯科治療前に解説

インビザラインで後悔・失敗を防ぐための対策


事前のカウンセリングとシミュレーション

治療を始める前に、歯科医師との十分なカウンセリングを行うことが重要です。カウンセリングでは、患者の歯の状態や治療の流れ、予想される結果についてしっかりと説明を受け、理解しておきましょう。また、シミュレーションを通じて、治療後の歯並びを確認することで、現実的な期待を持つことができます。これにより、治療後の結果が期待通りでなかった場合の後悔を防ぐことができます。

装着時間と取り外しのルール

インビザライン治療の効果を最大限にするためには、1日20時間以上の装着が必要です。食事や飲み物を摂る際には取り外し、その後しっかりと歯磨きを行ってから再装着することを徹底しましょう。これにより、虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。また、装着時間を確保するために、スケジュールを立てて計画的に装着時間を管理することも効果的です。

定期的な通院と診断の重要性

治療中は定期的に歯科医師の診断を受け、治療の進行状況を確認することが大切です。治療計画通りに進んでいるかをチェックし、必要に応じて調整を行うことで、最良の結果を得ることができます。また、問題が発生した場合は早期に対応することで、大きなトラブルを未然に防ぐことができます。例えば、装置が壊れた場合や、治療中に新たな歯の問題が発生した場合には、迅速に対処することが重要です。

インビザライン専用のケア方法

インビザライン治療中は、専用のケア方法を実践することが重要です。例えば、アライナーを外した後は、専用の洗浄剤を使用して清潔に保つことが推奨されます。アライナーを清潔に保つことで、口内の衛生状態を維持し、虫歯や歯周病のリスクを減らすことができます。また、歯磨きの際にはフロスや歯間ブラシを使用して、歯と歯の間の汚れをしっかりと取り除くことが大切です。

インビザラインに関するよくある疑問


痛みや違和感について

インビザライン治療を始めたばかりの頃や、新しいアライナーに交換した直後には、多少の痛みや違和感を感じることがあります。これは、歯が移動している証拠であり、通常は数日で慣れていきます。しかし、強い痛みや長期間続く違和感がある場合は、歯科医師に相談することをお勧めします。また、痛みを軽減するために、市販の痛み止めを使用することもできますが、必ず歯科医師に相談してから使用するようにしましょう。

装着中の食事や歯磨きの方法

インビザラインは取り外しが可能なため、食事の際にはアライナーを外して食べることができます。これにより、食事中に装置が邪魔になることはありません。しかし、食事後には必ず歯を磨き、口内を清潔に保ってから再装着することが重要です。これにより、食べ物の残りかすがアライナーと歯の間に挟まるのを防ぎます。また、飲み物についても注意が必要で、特に砂糖を含む飲み物や酸性の飲み物は避けるべきです。

矯正期間とその後の保定装置の使用

インビザライン治療の期間は、個々の症例によりますが、一般的には1年から2年程度です。治療が完了した後には、後戻りを防ぐために保定装置(リテーナー)を使用する必要があります。リテーナーは、治療後の歯並びを維持するために非常に重要であり、使用を怠ると歯が元の位置に戻ってしまう可能性があります。リテーナーの使用期間や頻度については、歯科医師の指示に従いましょう。

後戻りを防ぐ方法

後戻りを防ぐためには、治療後も継続的にリテーナーを使用することが大切です。リテーナーは、治療後の歯並びを安定させるために必要不可欠なものであり、特に治療直後の数ヶ月間は毎日装着することが推奨されます。また、定期的に歯科医師のチェックを受け、リテーナーの状態や装着方法を確認することも重要です。さらに、日常生活での口腔ケアを怠らず、定期的に歯磨きやフロスを行うことも後戻りを防ぐために必要です。

 

インビザラインは痛い?

 

インビザラインで守らなければならない注意事項


装置の正しい装着方法

インビザライン治療の成功には、アライナーの正しい装着方法を習得することが不可欠です。アライナーは歯にしっかりとフィットするように作られており、正しく装着しないと治療効果が得られません。装着時には、アライナーが全ての歯に均等にフィットしていることを確認しましょう。また、装着中にアライナーが外れたり、緩んだりしないように注意が必要です。

装着時間の遵守

インビザライン治療では、1日20時間以上の装着が必要です。この装着時間を守ることで、計画通りに歯が移動し、治療期間を短縮することができます。装着時間を守らないと、治療効果が減少し、治療期間が延びる可能性があります。装着時間を確保するために、日常生活の中での時間管理をしっかりと行いましょう。

定期的な歯科医師のチェック

治療中は定期的に歯科医師の診断を受けることが重要です。治療計画通りに進んでいるかを確認し、必要に応じて調整を行うことで、最良の結果を得ることができます。また、問題が発生した場合は早期に対応することで、大きなトラブルを未然に防ぐことができます。例えば、アライナーの破損や紛失が発生した場合には、すぐに歯科医師に連絡し、適切な対処を行うことが重要です。

自己管理の重要性

インビザライン治療は、患者自身の自己管理が重要です。装着時間の管理やアライナーの清潔さを保つこと、食事や歯磨きの際のルールを守ることなど、自己管理を徹底することで治療効果を最大限に引き出すことができます。特に、食事後には必ず歯を磨き、アライナーを清潔に保つことが大切です。また、定期的にアライナーの状態をチェックし、破損や変形がないか確認することも重要です。

 

 

 

矯正治療の流れ


 

  1. 初診相談・検査(所要時間:約60分)

まずは受付にて問診票をご記入いただきます。その後、お口の中の写真 / 顔写真 / 専用の機械 を使って歯のスキャンをさせていただきます。こちらの資料の内容を元にドクターとのカウンセリングとなります。抜歯、非抜歯などの可能性など矯正治療についての希望をお伺いして、症状の説明、治療方針を相談を行い。

お見積もりやお支払い方法もお伝えさせていただいております。

 

 

  1. 診断(所要時間:約60分)

初診時にお伺いしたご希望と、検査結果(顎の骨のレントゲン写真)を元に患者様にとって最適なプランに合った治療の流れやどのように歯を動かしていくかご案内します。

お支払い方法についても再度ご説明させていただいております。

 

 

  1. 矯正治療開始(装置セット所要時間:約60~120分)

矯正装置を装着し、歯を動かす矯正力を作用させる治療をスタートします。

矯正装置により装着時間は様々ですが、約60分~120分ほどお時間をかけて装置をつけていきます。装置の使用方法や注意点なども詳しくご説明させていただきます。

 

 

  1. 定期治療(1回約30分~60分)

定期的に歯の動きを確認し装置の調整をおこなっていきます。

通院頻度:ワイヤー矯正:6~8週に1回目安

 

 

  1. 装置除去(約90分~135分)

歯並びが綺麗になったら装置を外します。

その後、歯並びを維持する保定装置(リテーナー)の使用をしていただきます。

 

 

  1. 術後定期健診(約30分)

保定装置(リテーナー)の定期健診となります。

装置を除去してすぐの期間は後戻りをしやすい期間となりますので、長時間の使用となり通院も3~6ヶ月に1回を目安に健診をお願いいたしております。歯並びが比較的安定し、使用時間も短くなってきたら通院も1年に1回程度での健診となります。

 

 

 

 

 

当院の矯正治療方針


 

より快適な矯正治療を目指して

矯正治療は、患者様の笑顔と口腔内の健康を向上させるための重要なプロセスです。当院では、最新の技術と高度な専門の知識を駆使して、患者様にとって最も効果的で快適な治療を提供することを目指しています。

最新技術の導入

当院では、デジタル技術を活用した精密な診断と治療を行っています。例えば、3Dスキャン技術を用いて、患者様の歯並びを詳細に分析し、最適な治療計画を作成します。また、デジタルシミュレーションを用いることで、治療の進行状況や最終的な結果を視覚的に確認することができます。

痛みや不快感の軽減

矯正治療中の痛みや不快感を最小限に抑えるために、最新の技術と方法を取り入れています。例えば、装置のデザインや素材を工夫することで、口腔内の違和感を軽減します。また、必要に応じて痛みを和らげるための処置を行います。

 

 

 

マウスピース矯正の料金設定


当院でのマウスピース型矯正(インビザライン)の治療では、治療方法によっての定額制となっているので、毎回の通院における処置量は追加でかかりません。

当院の治療費は平均よりは値段よりは安く設定されていますが、治療結果にこだわった治療を行なっております。

 

料金表

 

 

 

 

 

三軒茶屋デンタルデザイン歯列 矯正歯科での矯正治療のご予約・お問い合わせ


矯正治療を検討されている方 なら、ぜひ当院にご相談ください。初めての方でも安心して治療を受けていただけるよう、丁寧な説明と親身な対応を心がけています。お問い合わせやご予約は、当院のホームページ(三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科)からお気軽にどうぞ。

矯正治療を通じて、トラブル、失敗を避け美しい笑顔と健康な歯を手に入れるために、私たちと一緒に一歩を踏み出しましょう。お待ちしております。

矯正治療の選択肢にはそれぞれの特徴があり、患者様のニーズに応じた最適な方法を選ぶことが重要です。インビザラインやワイヤー矯正(裏側矯正表側矯正)の違い、デメリットとメリットを理解することで、より納得のいく治療を受けることができます。当院では、患者様のライフスタイルや歯並びの状態から、希望する治療結果に合わせた最適な治療方法をご提案いたしますので、ぜひご相談ください。利用できる矯正装置も目立たないマウスピース型矯正装置、ワイヤー矯正装置、部分矯正、子供の矯正(小児矯正)も可能です。症例も八重歯、出っ歯、受け口、すきっ歯など様々な症例も対応します。治療後は保定装置で綺麗な歯並びを最小限の変化で維持します。

歯並びのことで質問やお悩みや不安などがある場合には、是非当院まで気軽に無料カウンセリングのご予約ください

当院は三軒茶屋駅から徒歩2分に位置しアクセスも良好です。土曜日、日曜日も診療し、お仕事帰りの方でも通える時間の夜20:30まで診療しています。

診療日は月 水 木 金 土 日 の上

休診 休診日 は火と祝日です。

 

 

三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科

住所: 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14 園田ビル地下1階

医院の電話 番号: 03-6805-5765

予約はこちら(ホーム ページ web) https://www.sangenjaya-ortho.com/contact/#link01

アクセスは:https://youtu.be/c9kyUtjU2cU

https://www.youtube.com/watch?v=6NxHyrl-kOI

Googleマップ:https://maps.app.goo.gl/7UG4wC7fUZMeXGPS9

歯科医師、衛生士、受付、院長含めスタッフや院内の雰囲気がわかります。

インスタグラム https://www.instagram.com/sangenjayadental/

lineでも予約が可能です。

 

インビザライン治療で後悔しないための歯科矯正ガイド。歯科医監修で治療の詳細や噛み合わせ改善のポイントを解説。前歯や奥歯の例を含む記事で、実績や対処法を紹介します。

もちろん、私たちのクリニックでは、基本的な歯科矯正から審美歯科まで、あらゆる治療を提供しています。2023年と2024年に多くの実績を積み上げ、信頼される歯科医師が常に最新の技術を取り入れています。矯正治療では、口元の美しさを重視し、目立ちにくい治療法を選んでいます。例えば、IPRを行うことで、歯の隙間を解消し、全体のバランスを整えます。また、22時間の装着が必要なインビザラインもおすすめです。

歯肉や歯槽骨の健康を守るため、奥歯のケアも重要です。適切な治療と予防で、長く健康な口腔環境を維持しましょう。ご来院いただく前に、詳しい治療内容をホームページでご覧いただけます。是非、私たちのクリニックで、あなたに最適な矯正治療をお試しください

2024年7月9日 初稿

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

03-6805-5765

住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

このページの先頭へ戻る