あなたの歯周病、歯並びが原因かも?

診療時間

  • 月・水・木・金 11:0020:30
  • 土・日 10:0018:30

※休診日:火・祝

三軒茶屋駅
から徒歩2分

キービジュアル

あなたの歯周病、歯並びが原因かも?

2022年11月18日

こんにちは。世田谷区にある三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科です。今回は「歯並びの悪さが招く歯周病のリスク」についてご紹介します。
 
歯並びが悪いとどんな問題があるか?…その答えとして真っ先に挙がるのは審美性の問題でしょう。歯並びが悪いと口元の見た目が悪くなりますし、実際に矯正治療を受ける方のほとんどが、「口元を美しくしたい」というのが目的です。
 
しかし歯並びの悪さが引き起こす問題はそれだけではなく、歯周病になるリスクも高めます。
 

目次

■歯周病とは?
■虫歯と歯周病、どちらも歯を失うリスクが高い感染症
■なぜ歯並びが悪いと虫歯や歯周病になりやすい?
■歯周病予防の選択肢としての「歯列矯正」
■歯列矯正の種類
■当院では充実の「無料」矯正相談!「無料」検査診断!
■まとめ

■歯周病とは?


「歯周病」は歯肉炎と歯周炎の総称であり、歯周病原菌という細菌によって、歯を支える骨や歯茎が溶けてなくなっていく病気です。自覚症状が乏しく、気付かぬうちに病状が進行しがちである点も特徴で、歯が抜け落ちることに加え、重度のものでは糖尿病などの全身疾患に影響が及んでしまうケースがあると考えられています。
 
日本では成人のうち8割以上が、歯周組織に何らかの問題を抱えているというデータも存在し、歯周病は現代における生活習慣病の一つとなりつつあります。また、歯並びが悪いと、歯周病の原因となる歯垢が溜まりやすくなるため、歯並びの良し悪しも、歯周病の発症や進行に影響のある要因の一つとなります。
 
 

■虫歯と歯周病、どちらも歯を失うリスクが高い感染症


虫歯も歯周病も、そのまま放置すると歯を失う可能性がある病気です。どちらも細菌が原因である感染症で、虫歯はどの年代でも起こりやすく、歯肉炎は比較的若い世代、歯周病は30代以降によく見られます。
 
また歯並びが悪いと噛み合わせにも悪くなってしまいます。噛み合わせの悪さは一部の歯に余分な負担がかかり、局所的な歯槽骨の吸収に繋がる可能性があります。そのため歯周病になるスピードが速まり、早い段階で歯を失いかねません。
 
虫歯も歯周病も歯並びも悪さによって引き起こされることが多く、特に歯周病は歯槽骨が吸収されることで歯ぐきが痩せて隙間が生じ、その結果歯が傾斜してしまうこともあるなど、歯並びの悪さとお口のトラブルは相互関係にあると言ってもいいでしょう。
 
 

■なぜ歯並びが悪いと虫歯や歯周病になりやすい?


デコボコとした歯並びは見た目の問題が大きく、なかなか笑顔に自信が持てないのではないでしょうか。歯並びの悪さは確かに審美性を大きく損ねてしまいますが、問題はそれだけではありません。歯並びが悪いことで、虫歯や歯周病といった、歯やお口の健康に悪影響を与えてしまうことがあるのです。
 
 
1)歯並びの悪さで歯磨きの精度が落ちるから
歯の健康を守るのは毎日のブラッシングです。毎日の丁寧なブラッシングが歯の汚れや食べかすを取り除き、お口の中の清潔を維持することを目的としていることは、既によくご存じでしょう。
 
ところがデコボコした歯並びでは、歯ブラシの毛先が届きにくいため汚れが残ってしまいがちです。汚れが残っているとお口の中の細菌が食べかすの中にある糖分をエサにしてプラークを作り出します。プラークは細菌の塊で、白くネバネバとした粘着性の物質が歯と歯ぐきの境目に付着します。
 
このプラークを構成する虫歯菌や歯周病菌が酸や毒素を出し、虫歯や歯肉炎、歯周炎などのトラブルを引き起こします。このように、歯並びが悪いことでブラッシング不足を招き、その結果虫歯や歯周病のリスクが高まってしまうのです。
 
 
2)歯並びの悪さで噛み合わせが悪くなる
歯並びが悪ければ、当然噛み合わせも悪くなります。そして、噛み合わせの悪さが歯周病になるリスクを高める原因になります。と言うのも、噛み合わせが悪いと噛んだ時に特定の歯に負担をかけることになります。
 
負担がかかると歯はもちろんですが、その歯を支える歯肉にもダメージを与えてしまい、歯肉に炎症が起こって歯周病になってしまうことがあるのです。噛み合わせの悪さは、他にも肩こりや頭痛や腰痛、さらには顎関節症になるリスクを高める原因にもなります。
 
 

■歯周病予防の選択肢としての「歯列矯正」


歯並びの悪さを改善したいと思う方のほとんどは、見た目が気になるからという理由だと思います。もちろん、歯並びが美しく整うと笑顔にも自信をもつことができることでしょう。
 
しかし矯正治療の大きな目的は、歯並びや噛み合わせを整えることで歯磨きがしやすく、一部の歯に余計な負担をかけず、正しい噛み合わせを導くことです。つまり矯正治療は、将来にわたる歯の健康維持を真の目的としているのです。
 
 

■歯列矯正の種類


1)ワイヤー矯正

ワイヤー矯正とは、その名の通りワイヤーを使って歯列矯正を行う方法です。一番ポピュラーな矯正方法で、歯の矯正といえばこのワイヤー矯正を思い浮かべる人も多いでしょう。なかでも、表側からのワイヤー矯正は、ブラケットと呼ばれる矯正器具を歯の表面に取りつけ、ワイヤーを通して歯を引っ張る治療方法です。
 
歯に装着するブラケットは、以下の2種類に分けられます。
 
1つ目の金属ブラケットは、メタルブラケットとも呼ばれる金属製の矯正器具です。強度が強いのでブラケット自体を薄くでき、口腔内の違和感を少なくするメリットがあります。治療にかかる費用を安く抑えられるのも魅力です。ただし、金属ブラケットは目立つので、「いかにも矯正している」という見た目になるデメリットもあります。
 
2つ目は、「審美ブラケット」とも呼ばれる、セラミックブラケットとプラスチックブラケットです。審美という名前からも想像ができるように、ブラケット自体が白や透明でできているため、目立ちにくいメリットがあります。
 
ブラケットに使われる素材は、セラミックスやジルコニア、プラスチックなどです。ブラケットに通すワイヤーを白にすれば、さらに目立ちにくくなります。ただし、セラミックブラケットやプラスチックブラケットの強度を確保するには、ある程度の厚みが必要なため、金属ブラケットに比べると口の中に違和感が出る可能性があります。
 
 
2)裏側からのワイヤー矯正


ブラケットを歯の裏側に装着する矯正治療もあります。外からはブラケットやワイヤーが見えないので、矯正中であることが周囲に気づかれにくいです。人の目を気にしなくてよいメリットがあります。
 
ただし、歯の裏にブラケットを装着するため、歯の裏の歯みがきが難しくなります。またブラケットが舌に当たって、痛みを感じる人もいます。お痛みや気になることがあれば、すぐ担当医に相談するようにしましょう。
 
 
3)マウスピース矯正


マウスピース矯正とは、ブラケットやワイヤーを使用せず「アライナー」と呼ばれるマウスピース型の矯正器具を使って治療を行うものです。ひとりひとりに合ったオーダーメイドのアライナーを1~2週間に1回交換しながら装着し、歯を動かします。
 
なかでも、「インビザライン」のマウスピース矯正は、最新の矯正理論とアライン・テクノロジー社(米国)の最先端技術を合わせた画期的な矯正方法です。数百万の症例データを解析しているため、治療を開始する時点で完了後の歯並びを3Dシミュレートできます。
 
マウスピース矯正の最大のメリットは、矯正装具が目立ちにくいことです。マウスピース自体が薄いので、周囲に矯正していることが気づかれません。また、自分の手で好きなときに外せるため、食事の時間はマウスピースを外して普段通りに食事を楽しめます。さらに、マウスピースを外した状態で歯を磨けるため、清潔を保てるでしょう。
 
 

■当院では充実の「無料」矯正相談!「無料」検査診断!


当院の「矯正相談」は無料です。そして、「検査診断」までも当院では無料で実施しています(通常は数万円かかります)。つまり、治療に入るまで費用は一切頂いておりません。
 
相談をすると治療を勧められて断りにくい……。このようなお悩みをよく聞きますが、当院は無理に治療を勧めることはしておりません。
 
矯正治療は一般の歯科治療と比べ費用が高額ですし、治療期間もどうしても長くなります。そして、歯並びにコンプレックスをお持ちの方にとって、「どの医院で治療を行うか」という選択は非常に重要なものとなります。
 
そのためたくさん悩んで、ご自身が「この医院、この先生に診てもらいたい!」と思った時に治療をしていただきたいと思っております。
 
その判断をする上で必要となる情報は、なんでもお聞きください。包み隠さず、すべてをお伝えさせて頂きます。
 
 

■まとめ


いかがでしたでしょうか?
 
歯周病は気づかないうちに進行している病気です。普段から歯磨きが難しかったり、歯に詰まることが多い方は、ぜひ一度当院の無料相談をご活用ください!
 
歯列矯正で健康なお口を目指しましょう!
 
メール相談

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

03-6805-5765

住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

このページの先頭へ戻る