医院ブログ

診療時間

  • 月・水・木・金 11:0020:30
  • 土・日 10:0018:30

※休診日:火・祝

三軒茶屋駅
から徒歩2分

キービジュアル

インビザラインとワイヤー矯正どちらが良い?~それぞれの治療方法の特徴やメリット・選ぶときのポイント~

2023年4月21日

こんにちは。世田谷区にある三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科です。

 

今回は、歯科矯正の代表的な方法「インビザライン治療」と「ワイヤー治療」を比較し、それぞれの特徴やメリットについて解説します。

それぞれの良さを理解し、自分に合った矯正治療を選びましょう。

目次

■矯正治療の種類
■インビザラインとワイヤー矯正を比較し判断基準とする
■矯正治療を選ぶ際の基準とは
■まとめ

■矯正治療の種類


矯正治療といっても1種類だけではなく、大きく分けたとしても「マウスピース矯正」「ワイヤー矯正」などがあります。マウスピース矯正の中でも代表的な存在がインビザラインで、これはアメリカで開発され、現在では世界中で治療が行われている画期的な方法です。 

選択肢が複数あると、歯科分野に詳しくない方にとっては悩みの種になるでしょう。ですから、インビザライン矯正とワイヤー矯正の特徴を紹介していきます。 

○インビザライン矯正

ワイヤーを使わず、特製のマウスピースをたくさん使用することにより、徐々に目的とする歯並びに近づけていく矯正治療です。取り外しができるので、「矯正をしたかったけれど目立つのがイヤでできなかった」という方も気軽に行えるようになりました。口の中の様々なトラブルの可能性を軽減させられる点も魅力ですし、例えば飲食の際などに自由に外せるのも嬉しいポイントです。 

比較的軽度な場合に用いることが多い方法ですし、透明のマウスピースを使うため、例えば仕事中に装着していても気づかれる可能性は高くありません。 

 

インビザラインは特製のマウスピースを使用する

インビザラインは特製のマウスピースを使用する

 

○ワイヤー矯正

以前から矯正治療の世界において活用されているのがワイヤーを使った方法です。歯の表面にブラケットを取り付け、そこにワイヤーを通していきます。 

まずはブラケットが歯にしっかり装着できるように歯をクリーニングし、そしてブラケットを接着。その後はワイヤーの装着や調整を行い、希望する歯並びに近づけていきます。必要に応じる形で歯を抜くこともあります。インビザラインが進化しているように、ワイヤー矯正も昔に比べると進化していて、以前のものより目立ちにくくなっていますが、やはりインビザラインに比べると他人から発見されやすい点が特徴です。 

 

以上のようにインビザライン治療にもワイヤー治療にも様々な特徴がありました。アプローチ法が全く異なるので、個人の好みや歯の状態によって使い分ける必要が出てきます。 

 

ワイヤー矯正は歯表面にブラケットを付けワイヤーを通す

ワイヤー矯正は歯表面にブラケットを付けワイヤーを通す

 

■インビザラインとワイヤー矯正を比較し判断基準とする


上では、インビザラインとワイヤー矯正の特徴を紹介しましたが、ここではより深く比較していきます。判断基準にもなるので必見です。 

○利便性の高さ

矯正治療といえば利便性に優れていない…というイメージですが、マウスピース型のアライナーを使ったインビザラインは取り外しが自由にできるので利便性に優れています。飲食の際やどうしてもマウスピースを外したい時に取り外せますし、歯磨きの時にはマウスピースの上からではなく直接自分の歯を磨くことができます。 

その点ワイヤー矯正は自由が利きにくく、取り外しは不可能です。ですが取り外す必要がない分、逆に楽に治療を続けられるという側面もあるでしょう。 

 

○適応可能な症例

人それぞれ歯列に関する悩みは異なり、歯の状態や噛み合わせも違います。ですから適応条件に自分が合致しているか歯科医師に判断してもらい、適切な治療法を実施します。 

今流行のインビザラインは手軽な反面、ある程度軽度な状態であれば適応可能ですが、歯を抜いたりなど、複雑な治療が必要な場合にはワイヤー矯正が理想になります。もちろんインビザラインでも歯を抜いての矯正が可能な場合もありますし、インビザラインとワイヤーの両方を併用させることも可能です。 

適応可能な症例という意味では、ワイヤー矯正に軍配が上がりますね。 

 

○目立ちにくさ

治療をしている最中の目立ちにくさは圧倒的にインビザラインが優秀です。 

ワイヤー矯正であれば口を開ければ基本的には他人に見られます。最近は歯の裏側にワイヤーを通した矯正法もあるので一概には言えませんが、目立ちにくさを追求するならインビザラインが理想でしょう。 

インビザラインのアライナーは透明色なので装着していてもつけているのが分かりにくく、特に大事な場面では取り外すことも可能です。 

 

○通院頻度について

矯正をしていると定期的な通院が必要ですが、ワイヤー矯正の場合は通常1ヶ月に1回は必ず通院し、ワイヤーの調整が必要です。それに対してインビザライン矯正は、ケースバイケースですが1ヶ月半から2ヶ月程度に1回という頻度なので、忙しい方にとっても通いやすく、続けやすいと思います。 

 

○その他の比較

気になる虫歯や歯周病の罹患については、取り外して歯磨きをきちんとできるインビザラインの方がリスクが少ないです。ワイヤー矯正の場合もしっかりと歯磨きをすれば問題ないでしょうが、ワイヤーの周りに汚れが残りやすくなります。 

 

そして痛みに関しては、インビザラインの方が圧倒的に少ないと言われています。ワイヤー矯正よりもゆっくり歯を移動させるため、痛みが怖い方にもおすすめです。 

 

費用に関しては自由診療なので歯科医院によって異なりますが、同額程度かインビザラインが少し安い印象です。 

 

以上のように、インビザラインとワイヤー矯正を比較してみました。矯正治療の際の判断基準としてください。 

 

インビザライン・ワイヤー矯正それぞれ利点がある

インビザライン・ワイヤー矯正それぞれ利点がある

 

■矯正治療を選ぶ際の基準とは


選ぶ際の基準は、第一に自分の歯の状況にあります。それぞれの適応条件に合致しているのかを把握し、そのうえで決めます。インビザラインでは難しく、ワイヤー矯正を勧められることもあるでしょう。逆に軽度な場合など、インビザラインが力を発揮することもあります。 

 

その他、予算やケアに対する心構え、職業(人に歯を見られることが多いか)なども判断基準となるようです。 

 

様々な治療方法が出てきて利便性は高まっていますが、最も重要なことは悩みの種の歯並びが美しくなるかどうかです。どちらの方法であれば実現させやすいかを歯科医師と相談して決定するのが良いですね。 

 

周りに矯正治療経験がある方がいる場合には話を聞いてみるのも良いでしょう。治療は一時的なものではなく、年単位で続くので、簡単に決めずに自分が求めている基準をしっかりと満たしているかを確認しながら決定するようにしたいです。 

 

■まとめ


今回はインビザラインとワイヤー矯正のどっちが良いのか、そして判断すべき際に重視すべき基準などを説明しました。まずは患者様によって歯の状態や希望する歯並びの形状が違うことも理解した上で考えるようにしたいです。 

 

とは言っても、矯正経験がなくてはどちらかを選択するというのはとても難しく、選択の失敗に繋がる可能性もあります。そこで当院では、無料でご参加いただけるカウンセリングサービスを用意しています。様々な悩みや分からないことがたくさんあると思いますので、お気軽にご相談ください。 

 

メール相談はこちらから

メール相談はこちらから

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

03-6805-5765

住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

このページの先頭へ戻る