矯正治療中の虫歯になったら?対処と予防方…

診療時間

  • 月・水・木・金 11:0020:30
  • 土・日 10:0018:30

※休診日:火・祝

三軒茶屋駅
から徒歩2分

キービジュアル

矯正治療中の虫歯になったら?対処と予防方法

2022年11月4日

こんにちは。世田谷区にある三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科です。
今回は矯正治療中の虫歯とその予防方法についてお伝えします。
 

目次

■矯正治療中に虫歯になってしまった
■矯正治療を中断して虫歯治療をしなきゃいけないの?
■矯正治療を始める前に虫歯が見つかったら?
■マウスピース矯正だからといって油断は禁物
■矯正治療中の虫歯予防方法
■まとめ

 
 

■矯正治療中に虫歯になってしまった


歯列矯正をしている間、矯正装置を歯の表面に装着します。矯正装置にはいくつか種類がありますが、一般的なマルチブラケット装置の場合、患者さん自身では外せない固定式となります。そのため、歯が磨きにくくなって汚れが残りやすくなります。
 
本来であれば日々の歯磨きによって虫歯の原因となる歯垢を取り除いて予防しますが、装置によってスムーズな歯磨きが妨げられてしまいます。
 
歯垢が残りやすい環境では、歯周病のリスクも高まります。歯周病は、歯を支えている組織が細菌によって炎症を引き起こされるもので、進行すると歯をグラつかせます。歯垢は唾液中のカルシウムにより段々と硬くなって歯石と呼ばれる状態になり、歯ブラシでは取れなくなってしまいます。
 
このように、矯正治療中は口腔内環境を清潔に維持するのが難しいため、こまめで丁寧な歯磨きが求められるのです。
 
 

■矯正治療を中断して虫歯治療をしないといけないの?



 
もし、矯正治療をしている間に虫歯が見つかったら、矯正治療を中断して虫歯の治療をしなければいけないのでしょうか?
 
虫歯ができる場所は大きさなどにもよりますが、多くの場合は装置を取り外さずに虫歯治療ができます。また、虫歯は歯の表面が脱灰するなどの初期段階であれば、削らずに処置をして経過観察をすることもあります。
 
ただし、虫歯が大きかったり、治療のために装置が邪魔になるような場合は、矯正装置を外して虫歯治療をすることもあります。このようなケースでは矯正治療を中断せざるを得ません。
 
 

■矯正治療を始める前に虫歯が見つかったら?


矯正治療をスタートする前に治療が必要な虫歯が確認された場合、基本的には先に虫歯治療をしてから矯正を始めます。矯正治療の前からすでに痛みが強いのであれば、痛みを和らげることが先決です。
 
ただし、矯正治療は歯並びそのものが変わるため、矯正治療前とは噛み合わせが変わる可能性があります。初期の虫歯であれば予防処置だけで済むこともありますが、もし、虫歯治療で歯を削って被せ物や詰め物をする必要があれば、矯正が完了した後に被せ物などを作り替えることになるかもしれません。
 
矯正前に見つかった虫歯の大きさや治療方法などにより、どのタイミングで虫歯治療を行なうか検討することになります。
 
また、虫歯治療は進行しているものほど治療時間や回数がかかってしまいます。初期の段階であれば1回の治療で終わることが多いですが、詰め物や被せ物が必要なものでは一般的に2~3回、神経を抜かなければならないケースではさらに多く通院することになるかもしれません。
 
矯正治療と合わせてどれくらいの期間が必要になるのか気になる場合は、歯科医師に相談しましょう。
 
 

■マウスピース矯正だからといって油断は禁物


矯正装置は、固定式のマルチブラケット装置のほかに、マウスピース型の矯正装置もあります。これは、自身の手で取り外し可能なマウスピースをはめて歯を動かす矯正です。歯を動かしたい方向に合わせてマウスピースを複数作り、取り替えながら少しずつ歯を動かします。
 
マウスピース矯正のメリットは、患者様が取り外しできるので食事や歯磨きをいつもどおり行なえる点です。そのため、マルチブラケット装置に比べると歯を磨きやすく、お口の中を清潔に保てます。
 
しかし、マウスピース矯正であれば虫歯のリスクがないというわけではありません。マウスピース装着時は、唾液が歯に循環しにくいという問題があります。唾液には細菌を洗い流すという性質があるので、唾液が歯にうまく循環されないと細菌が歯に残ったままになってしまいます。
 
もし、マウスピース矯正中に虫歯にかかった場合、装置を外して治療をすることはできます。しかし、被せ物や詰め物をするような事態になると、今後の矯正のために作製したマウスピースが合わなくなって作り直さなければならなくなる可能性があるので、注意が必要です。
 
 

■矯正治療中の虫歯予防方法


1)歯磨き
矯正治療中に虫歯にならないようにするには、歯を磨いて虫歯の原因となるプラークを取り除くことがとても大事です。食べかすはうがいで取り除くことができますが、歯の表面に強くくっついてしまうプラークは歯ブラシを使わないと取れません。固定式の矯正器具をつけている場合には、食事後は必ず歯磨きをする習慣をつけましょう。
 
通常の歯ブラシに加え、ブラシの頭が小さいタフトブラシも一緒に使用すると効率よくプラークを取り除くことができます。また、プラークが赤く染まる染め出し剤を使って、鏡で確認しながら歯磨きをすることで装置に合った磨き方のコツがつかめます。
 
●矯正中の歯磨きの方法
一般的なブラケット矯正装置の場合、装置にデコボコがあるので、その部分に食べカスや歯垢などの汚れが溜まりやすく、ブラケットの周りは特に丁寧に磨くことが重要です。歯ブラシの当て方を意識しながら、ブラケット周辺の汚れをしっかりと取り除きましょう。歯全体を一度に磨くのではなく、歯を1本ずつ丁寧に磨くようにしてください。
 
 
2)歯科医院での検診
さらに、歯科医院での定期的な検診により虫歯の発生を抑えることができます。
 
●歯のクリーニング
歯ブラシ、デンタルフロスなどによる歯のクリーニングはもちろん、歯科医院でしかできない専用器具を用いたクリーニングで歯面のプラークや歯石・着色を除去します。
 
当院では矯正治療だけでなくクリーニングやホワイトニングも行っております。
むし歯を予防したい、歯を綺麗にしたいという方はぜひお気軽にご相談くださいませ。
 
 

■まとめ


矯正治療中に関わらず普段から虫歯にならないように丁寧なケアを心がけましょう。矯正治療中に虫歯になった場合、虫歯の大きさなどによっては矯正を中断して装置を外し、虫歯を治療する可能性もあります。装置を自分で取り外せるマウスピース矯正であれば、これまでどおり歯磨きができます。しかし、矯正中は唾液が流れにくいため、虫歯のリスクも残ります。
 
矯正装置の種類にかかわらず、矯正治療中は虫歯にならないよう丁寧に歯磨きをすることが望まれます。装置と歯の間は歯間ブラシやタフトブラシを使うなど、磨き方を工夫してみてくださいね。
 
矯正治療のメリットのひとつは、矯正後に歯並びが綺麗になって歯が磨きやすくなり虫歯や歯周病のリスクが低下することでしょう。矯正治療をしっかり受けることで、歯がきれいになるだけでなく、虫歯や歯周病にかかりにくい健康的なお口になっていくことが期待できます。
気になられる方はぜひ一度当院のHPからでもお問い合わせください。
 
メール相談

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者さんが抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんなことでも構いませんので、私たちにお話ししていただけたらと思います。
ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

電話でのお問い合わせ

03-6805-5765

住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

このページの先頭へ戻る