東京都世田谷区三軒茶屋の歯列矯正歯科

駅三軒茶屋駅から徒歩2分

  • 土日も診療
  • 夜間診療有り(平日20:30まで)

03-6805-5765

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝
  • web予約
  • メール相談
キービジュアル

成人矯正の治療開始時期

2018年06月22日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科 院長の内澤です。

前歯のでこぼこを改善したい

出っ歯の改善がしたい

横顔の口元が出た感じを改善をしたい

すきっぱの改善がしたい

笑った時の歯茎の見え方を改善したい

受け口の改善をしたい などと

矯正相談にご来院いただく患者様には色んな悩みを抱えた方がいらっしゃいます。

 

中には、矯正治療をいつ開始すればいいのか知りたいという方もいらっしゃいます。

矯正治療の開始時期は基本的に人それぞれで違います。

そのため、治療開始時期に関してはご相談ください。

 

矯正治療の開始時期


矯正治療の開始時期の一つの目安として、すべての歯が大人の歯に生え変わっている(永久歯列期)のか、又は子供の歯と大人の歯が混在している(混合歯列期)のかで開始のタイミングに考え方が異なります。

基本的に、永久歯列期の場合は、歯並びを改善したいと思った時に治療を開始します。

使用する装置としては、一般的な表向きの矯正装置(マルチ   ブラケット装置)や目立たない裏側の矯正装置やマウスピース型矯正装置(インビザライン)などを使用します。

矯正装置の選択基準の一つとして、取り外しのできない装置を使用するか取り外しのできる装置を使用するかがあります。取り外しのできる装置にはマウスピース型矯正装置(インビザライン)があります。取り外しのできる装置として、歯磨きがしやすかったり、食事しやすかったりします。

一般的に目立たない矯正装置はお値段が割高になりますが、矯正治療は治療期間が年単位でかかるため何を重視するかで使用する装置が異なります。

 

 

 

 

 

混合歯列期には乳歯から永久歯への歯の生え変わりが生じるため、歯の数やかみ合わせなど大きくお口の中の環境が変化します。

このため生え変わりの状況を把握し、治療のタイミングや使用する装置の選択をする必要があります。

つまり混合歯列期には現状の把握をするための検査(レントゲン写真等)を行い治療が必要かどうか、また治療開始のタイミングを計る必要があります。

 

まとめ


永久歯列期か混合歯列期で治療開始のタイミングに考え方が異なります。

そのため、治療開始時期に関してはご相談ください。

 

 

ページを見る

小児矯正の治療開始時期

2018年06月13日

三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷)院長の内澤です。

 

「矯正相談にて、いつ頃矯正治療を行えばいいですか?」と聞かれたりします。

矯正治療は、基本的には、適切な時期に適切な治療を行うと、矯正治療の効果が効率よく発揮されるため、適切な時期に矯正治療を行うことを勧めます。

 

矯正治療開始の適切な時期は?

(さらに…)

ページを見る

フッ素とは何?

2018年06月10日

こんにちは三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科、歯科衛生士の三輪しおりです。

フッ素という言葉を知っていますか?CMやドラッグストアのポップ等で見たり聞いたり
したことがあるかと思います。フッ素=虫歯予防ですが、使用方法を誤ってしまうと適切な効果が得ることが出来ません。

そもそもフッ素って何?

フッ素とは天然に存在する元素の1つであり、お茶や海産物にも含まれています。人体において必要な微量元素として人間の体内ではカルシウム、カリウム、ナトリウム、鉄に次いで含有量が多く、歯や骨を作る再石灰化には欠かせないものです。
(再石灰化とは口の中の酸が歯のエナメル質の内側から溶かし初期の虫歯状態になった状態を修復すること)
再石灰化により虫歯になる事を防いでいます。そのため削る必要のある虫歯になってから使用するのではなく、予防的に使用をお勧めします。

歯医者と自宅でのフッ素は何が違うの?

 

歯科医院で使用するフッ素と市販にて販売されているフッ素ではフッ素の濃度が異なります。
歯科医院の定期健診(3~6ヶ月に一度)などで使用されているものは9000ppmであり一般的な歯磨き粉に使用されているフッ素の濃度は1000ppmです。(ppmとは濃度の単位出あり1000ppmの歯磨き粉だと0.1%のフッ素が含まれているということです)
今年の3月に厚生労働省が1000ppm以下としていた歯磨き剤に含まれるフッ素濃度を1500ppmまでに引き上げました。
欧米では1000~1500ppmの歯磨き剤が一般です。そのため日本がやっと世界の基準値になったということです。しかし早い年齢からフッ素濃度の高いものの使用は控えていただき

 

フッ素って危険と聞いたことがある?

結論から言うと使用料や対象年齢を守れば安全にご使用いただけます。
年齢ごとに使用フッ素濃度の基準があります。
なぜそのような基準があるかというと、「歯のフッ素症」という問題があるためです。
歯のフッ素症とはなに?
歯のフッ素症とはエナメル質という歯の1番表側の組織が形成される時期にフッ素の過剰摂取により生ずるエナメル質の形成不全です。どのような症状かというと、軽度であれば歯の1部分が白濁、重度となると凹が形成されるという症状がおこります。

歯のフッ素症を防ぐためにはどうしたらいいの?
年齢ごとに適したフッ素のケアが必要となります。またフッ素の種類によっても適正な使用濃度が変わってくるため歯磨き粉のパッケージをよく見て購入して頂く必要があります。

フッ素はどのくらい効果があるの?
フッ素を使用したから必ず虫歯にならないというわけではありません。個人個人の食生活の違いや、唾液の分泌量、歯ブラシがしっかり行えているのかによっても虫歯へのリスクが異なります。
一般的に歯科医院で塗布を行うフッ素の虫歯抑制率は永久歯で20~40%と言われています。
自宅でのフッ素洗口剤は20 ~50%、歯磨剤は15~20%です。

しっかり磨いているのに虫歯になってしまった…というかたは多いのではないですか?
フッ素は毎日のブラッシングに補助的にプラスしていくことが大切です。
フッ素は市販の歯磨き粉のほとんどに含まれていますが、歯科医院での定期的な高濃度フッ素の塗布や、効果的な使用法を守っていただくことがとても重要です。
また、正しいブラッシングを行えていますか?
市販でも磨き残しをチエックできる薬剤も販売していますので1度確かめてみるのもいいかもしれませんね。

自宅でのフッ素、歯科医院でのフッ素の違い
歯磨き粉の

中のフッ素の表記

効果的なフッ素の使用方法
適切なフッ素配合歯磨き剤の使用料を知っていますか?
ミント味の強い歯磨き粉が好まれる方も多くいらっしゃいますが、歯磨きの後何回お口をゆすいでいますか?歯磨き粉の味が完全に無くなるまでゆすぐとなると4~5回程行っていませんか?実はフッ素も一緒に流れてしまうため、ゆすぐ回数は15mlで1~2回をお勧めしています。
歯磨き粉の味が薄めのものも当院では販売を行っております。ぜひお試しください。

ページを見る

1

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

03-6805-5765

医院の住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

診療時間
11:00 ~ 15:00--
16:00 ~ 20:30--
10:00 ~ 13:00----
14:30 ~ 18:30----
  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝

このページの先頭に戻る