東京都世田谷区三軒茶屋の歯列矯正歯科

駅三軒茶屋駅から徒歩2分

  • 土日も診療
  • 夜間診療有り(平日20:30まで)

03-6805-5765

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝
  • web予約
  • メール相談
キービジュアル

後戻りと矯正治療

2018年03月18日

こんにちは、三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷区)の院長の内澤です。

 

矯正相談で、「以前矯正治療を経験したのですが、最近でこぼこが出てきて、そのでこぼこを改善できませんか?」と聞かれることがあります。

いわゆる後戻りによりでこぼこが出た状態です。

おいおいお話を聞いていると、ほとんどの患者様で共通することがあり、それが矯正治療後の歯並びを維持するための保定装置(リテーナー)の使用を中止していたとのことでした。

 

 

でこぼこが出る理由


矯正治療後にでこぼこが生じる理由は大きく2つあり、①矯正治療後の後戻り、②加齢変化が原因となります。

 

①矯正治療後の後戻り

矯正治療を行うと、もちろん歯並びやかみ合わせは改善されます。

歯並びやかみ合わせの改善のためには、歯が骨の中を大きく移動する必要があり、かつ大きく動いた歯は新しい環境になれ、その場で維持されていなければなりません。

しかし、歯が移動した後の環境に慣れ、安定するまでに時間がかかるため、保定装置を使用しないと、歯は動き元のような、でこぼこが生じます。

 

②加齢変化

人間は、変化しないところはありません。そのため、矯正治療後のかみ合わせや歯の位置が変化しないということはありません。つまり、矯正治療により歯を動かしていなくても、潜在的に歯の位置が変化する力が加わるために、保定装置を使用しないと、歯は動き、でこぼこが生じます。

 

ここで、何度も出てくる保定装置のことですが、一般的に保定装置は、現状のかみ合わせや歯の位置の変化を最小限にとどめるための装置なので、保定装置を使用していたら矯正後のきれいな歯並びの状態を100%維持できるというものではありません

しかし、きれいな歯並びを維持するためには、長期間の保定装置の使用が推奨されます。

矯正装置を外すと粘膜や舌から歯を押される力が加わるため、歯は動きます。

 

保定装置の種類


保定装置の種類として、取り外しの出来る装置(可撤式保定装置)と、取り外しのできない装置(固定式保定装置)があります。

①可撤式保定装置

可撤式保定装置には、マウスピース型とワイヤーとプラスチックでできた床型の2種類があります。

使用時間は、

a. 歯並びの治療が終了した後(装置除去後)、半年から一年は歯磨きと食事以外の使用

b. 装置除去後約1年後からは在宅時使用

c, 装置除去後から1年半以降は、就寝時使用を推奨しております。

 

 

②固定式保定装置

固定式保定装置には、フィックス型、つまりワイヤーを歯の舌側に接着する方法があります。

可撤式保定装置に比較し清掃性は劣るのですが、その反面取り外しをする必要がないこと、また舌側に装置が付くため、ほとんど目立つことがありません。また、取り外しのできない装置なので、常にお口の中に維持されます。

 

保定装置をいつまで使用するかは、理想としてはいつまで、きれいな歯並びを維持したいかで決まります。つまり長く維持したいと思えば、長い間使用することを推奨いたします。

ちなみに、歯並びに凸凹がでたら、そのでこぼこの改善には再度歯を積極的に動かす矯正装置(マウスピース型矯正装置、舌側ブラケット、唇側のマルチブラケット)を装着する必要があります。

 

 

 

まとめ


矯正治療後の歯並びを維持するためには保定装置の使用が重要となります。

また、きれいな歯並びを維持するためには適切な使用時間と長期間の使用が必要となります。

 

 

ページを見る

保定と矯正

2017年12月30日

こんにちは、三権茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科(東京都世田谷)院長の内澤です。

 

 

本日は、矯正治療後に使用する保定装置についまとめました。

 

 

矯正治療を受けると、矯正治療前に打ち合わせをした理想の歯並びになります。

しかし、歯並びを維持するためのメンテナンスをしなければ、凸凹が生じてしまいます。

そこで、理想の歯並びを維持するために使用する装置が保定装置といわれています。

ここで、注意したいのが、矯正うけたから凸凹が生じてくるわけではありません。

原因として以下の理由があるからです

 

 

 

矯正治療後に凸凹がでてくる理由は


歯は骨や歯周組織によって支えられています。

また歯に矯正力を加えると、歯の根を支えている骨の吸収と再生が絶えず行われます。そのため歯を積極的に動かした直後は、歯の根を支えている骨は、歯を支えているという点で不安定となります。

このため矯正治療直後は保定装置を使用しないと後戻り(凸凹)が生じやすくなります。

 

加齢変化によっても凸凹が生じます。

歯はかみ合う方向に対して垂直ではなく、少し前方に傾斜してはえています。

このため、歯と歯が噛み合うと、歯には前歯方向に押される力が加わるため前歯部に凸凹が生じます。

 

 

 

 

保定装置の使用時間


基本的に保定装置は、歯を支えている組織が不安定な時期は長期間使用して頂き、組織が安定してくると保定装置の使用時間は短くなります。

積極的に歯を動かした(動的治療)直後は歯の根を支えている骨が不安定なため、保定装置の長時間の使用が推奨されます。そのため、食事や歯磨きの時間以外の時間の使用をお勧めします。(動的治療後約6か月から12ヵ月まで)

ある程度、期間がたって安定してくると(動的治療後約6か月から12ヵ月以降)在宅時使用となります。

さらに、安定すると、就寝時時間のみと使用時間が減ってきます。

 

いつまで?

ここで、よく聞かれるのが、保定装置はいつまで使用しますかという質問。

答えとしては、上記にも記載した、加齢変化によっても凸凹が生じてしまうため、理想的には、きれいな歯並びを維持したい間は保定装置を利用することを推奨します。

 

 

 

保定装置の種類


1、取り外しのできる保定装置

ベックタイプの保定装置

装置としては、レジンとワイヤーで策された装置となります。

装着時に、表向きにワイヤーが出るため、目立ちますが取り外しができるため、目立ちたくないときには取り外しができます。

また、咬むところに材料がないため、装置の耐久性が良いです

装置が、大きいため、話しづらくなります。

マウスピース型の保定装置

透明なため、ほとんど人に気が付かれることはありません。

しかし、咬むところに装置の材料があるため、割れたり、穴が開いたりのリスクはあります。

 

2、固定式保定装置

固定装置なため、食事のために取り外しをするわずらわしさはありません。

清掃性は悪いため、歯磨きに気を付けなければなりませんが、ブラッケト装置よりは歯磨きがしやすいです。

 

 

定期的な来院


1から2か月であった積極的に歯を動かしていた時期とは違い、保定装置での来院間隔は、数か月から、1年の間での来院となります。

歯を積極的に動かしていた矯正装置の除去直後は1から2か月後に来院いただき装置の変形がないかどうか、装着状況の確認をします。

その後は、3か月後の来院として、矯正装置除去後1年後には、来院間隔は半年から1年おきの来院を推奨しております。

 

 

以上が保定装置についてでした。

 

ちなみに、当院では、矯正治療後の後戻りに対する矯正治療もおこなっております。

もし、心配なことがあれば一度ご相談いただければと思います。

 

 

ページを見る

1

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

03-6805-5765

医院の住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

診療時間
11:00 ~ 15:00--
16:00 ~ 20:30--
10:00 ~ 13:00----
14:30 ~ 18:30----
  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝

このページの先頭に戻る