低価格で後戻りした歯並びを矯正|三軒茶屋デンタルデザイン歯列矯正歯科|世田谷区三軒茶屋駅2分|土曜・日曜も診療|夜8:30まで

駅三軒茶屋駅から徒歩2分

  • 土日も診療
  • 夜間診療有り(平日20:30まで)

03-6805-5765

〒154-0024 東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝
  • web予約
  • メール相談
キービジュアル

矯正治療が終了し、
徐々に歯並びが崩れてしまうことがあります。

この原因の多くは、
治療後の「リテーナー(保定装置)」を装着していなかったことが原因です。

しかし、矯正の再治療となってしまうと、
期間、費用がまた掛かってしまう……

このような方のため、
当院ではリーズナブルな価格15万円~)で、
そして「短期間」で行う、
「後戻りした歯の再矯正」プランをご提供しています。

後戻りした歯の「再矯正」プランとは?

院長

せっかく矯正治療を受けたのに何年か経ったら歯並びが乱れてきてしまったという話を耳にすることがあります。決して安くない治療費と、決して短くはない期間をかけて歯列矯正をしたのに、その結果が長期間維持できないというのでは困ります。

後戻りが生じる要因としては、「不正咬合の原因が残っている場合」、「不十分な矯正歯科治療」、「不十分な保定」などが挙げられます。

再度、矯正する場合、患者様は「また高額な費用が掛かってしまう……」「また長期間の治療を我慢しなければならない……」などをイメージされるかと思います。

しかし、「歯並びを綺麗にしたい!!という心からの想いで矯正治療を決心されたのに、何らかの理由でそれが達成することができなくなってしまった方に、再度、高額な治療費、長期間の治療という負担を負わせたくない」という院長の想いから、「短期間」で、かつ「お手頃価格」で後戻り矯正を当院では実施しております。

下記は、当院で後戻り矯正を行った症例となります。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

後戻り矯正は、以前のように何年もかかるものではありませんし、お口全体に矯正装置を使うものでもありません。皆さんが想像されているよりも簡易的に、そしてリーズナブル(安価・安い)に対応できますので、まずはご相談ください。

矯正治療「後」に
後戻りが生じてしまう原因

冒頭でもお伝えしましたが、治療後の「後戻り」の原因は、「不正咬合の原因が残っている場合」、「不十分な矯正歯科治療」、「不十分な保定」があげられます。

不十分な保定」、つまり治療後の保定装置(リテーナー)の装着に関しては、患者様の努力にかかってくる部分なので、頑張って頂くしかないのですが、それ以外の「不正咬合の原因が残っている場合」「不十分な矯正歯科治療」に関しては、矯正医の不注意や、知識・技術の未熟さからくるものとなります。

当院で行っている矯正歯科治療は、「後戻りしにくい」ことが1つの特長になります。

院長

矯正治療というと、「美しい歯並び」にばかり目が行きがちになりますが、「適切な噛み合わせ」もとても大切になります。もし、噛み合わせが改善されなかった場合、どうなると思いますか?

噛み合わせが悪いということは、噛む力を、すべての歯で受け止めていないということ。
つまり、一部の歯に過度な力が加わっているということです。
そして、人間の身体は回復機能を備えていますので、歯を動かすと元の位置に戻ろうとする機能が働きます。

つまり、「戻ろうとする力+一部に過度な力がかかる=後戻りを促進させる」という現象が起きるのです。

後戻ししてしまったが、次は後悔したくない方。
矯正治療を初めて行うが、絶対に失敗したくない方。
ぜひ、「咬合(噛み合わせ)」をしっかり意識した医院で治療を受けることを強くお勧めします。

初診「個別」相談へのご案内

当院では、患者様が抱えていらっしゃるお口のお悩みや疑問・不安などにお応えする機会を設けております。どんな事でも構いませんので、私達にお話ししていただけたらと思います。 ご興味がある方は下記からお問い合わせください。

  • web予約
  • メール相談

電話での問い合わせ

03-6805-5765

医院の住所

〒154-0024
東京都世田谷区三軒茶屋1-32-14

診療時間
11:00 ~ 15:00--
16:00 ~ 20:30--
10:00 ~ 13:00----
14:30 ~ 18:30----
  • 診療時間:月・水・木・金 11:00~20:30 土・日 10:00~18:30
  • 夜間診療:平日20:30 まで
  • 休診日:火・祝

このページの先頭に戻る